シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC111/国際NGO論
(International Non-Governmental Organizations) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
貧困の諸原因
国際NGOの意義と役割 
The Causes of Poverty
The Significance and Role of International Non-Governmental Organizations  
担当者 (Instructor) 鈴木 弥生(SUZUKI YAYOI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2012年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IC111 



授業の
目標
Course
Objectives
貧困の諸原因や貧困層のwell-being実現について思考する。また、途上国で生活する人々と我々のつながりについて理解する。そのうえで、社会開発の推進媒体として、コミュニティを基盤として活動している国際NGOの理念と活動実態、その意義について理解を深めることを目標とする。 
In this class, you will have the opportunity to learn about the causes of poverty in the world and efforts for promoting the well-being of poor people. Also, you will come to understand our connection with the poor living in developing countries, the fact that we are a part of the poverty issue. In addition, this class aims to deepen your understanding of the significance of social development and the ideals and activities of international non-governmental organizations(NGOs) as intermediates for promoting social development, such as their unique, community-based approaches.  
授業の
内容
Course
Contents
グローバルな視野から、また、現地で生活する人々の視点から社会問題をとらえ、コミュニティを基盤として活動している国際NGOの理念と活動実態、また、それらの課題について学ぶ。そのうえで、国際NGOの意義と役割について分析する。 
Think Globally, Act Locally. In this class, you will learn about serious social issues not only from global perspectives but also from people's perspectives at the grass-roots level. You will also learn about the ideals and community-based activities of international NGOs at the grass-roots level, as well as the issues they face. Based on that, you will analyze the significance and role of international NGOs. 
授業計画
Course
Schedule
1. ・国際NGO論とは
・第1回目に講義の進め方や用語の定義について説明するので、関心のある学生は必ず参加すること。
What are International Non-Governmental Organizations(NGOs)?
Introduction and Outline of Course. You are Expected to Attend the First Class. 
2. ・NGOの定義 
Definition of NGO 
3. ・welfare からwell-beingへ
Receiving Welfare or Promoting Well-being  
4. ・貧困とは何か、貧困の定義
・貧困の諸原因
・グローバリゼーションの進展に伴う格差の拡大
What is Poverty? The Definition of Poverty
The Causes of Global Poverty
Social Inequality Keeps Widening with Globalization  
5. ・大規模開発による弊害
 豊かさとは?Well-beingとは?
Undesirable Effects under Large Scale Development
What does Wealth Mean?
What is Well-being?  
6. ・近代化論に対置する内発的発展論
Endogenous Development versus Modernization  
7. ・グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する:食料を通して考える
Think Globally, Act Locally
Where Does Our Food Come from?  
8. ・グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する:牛皮を通して考える
Think Globally, Act Locally
Do You Prefer Using a Cowhide Bag or an Ox-hide Leather?  
9. ・グローバル化時代における格差の拡大 
衣類縫製品を通して考える
Social Inequality Keeps Widening Under Globalization
Where Do Our Clothes Come from? 
10. ・グローバル化時代における格差の拡大
チョコレートはどこから?
フェアトレードについて
Social Inequality Keeps Widening with Globalization
Where Does Your Favorite Chocolate Come from?
Fair Trade  
11. ・国際NGOの理念と活動実態の分析:コミュニティを基盤とする取り組み
Analysing the Ideals and Community-based Approaches of International NGOs  
12. ・国際NGOの理念と活動実態の分析:コミュニティを基盤とする取り組み
Analysing the Ideals and Community-based Approaches of International NGOs 
13. ・ディスカッション:グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する
草の根レベルで持続可能な発展に取り組む市民社会の役割
Discussion: Think Globally, Act Locally
: The Role of International NGOs in Sustainable Development at the Grass-roots Level 
14. ・ディスカッション:グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する
草の根レベルで持続可能な発展に取り組む市民社会の意義
Discussion: Think Globally, Act Locally
: The Significance of International NGOs in Sustainable Development at the Grass-roots Level 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
第1回目の講義時にお伝えします。
質問は、講義時に遠慮なくお伝えください。電子メールでの質疑応答は行っていません。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
授業内レポート(授業やディスカッションへの積極的な参加、かつ、2/3 以上の出席が必要)(20%)
備考(Notes)
試験を受けるためには、講義への10回以上の参加を要します。第1回目の講義には、必ず参加するようにしてください。 各回の講義では、集中して取り組むようにしてください。適宜、2~4人前後の小グループによるディスカッションを取り入れます。積極的な参加を希望します。
【変更前】筆記試験(Written Exam)80%, 平常点(In-class Points)20% (授業への参加(ディスカッションを含む)と課題提出20%)
テキスト
Textbooks
講義時、適宜紹介します。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西川潤  『データブック 貧困』   岩波書店  2008   
2. 鈴木弥生  『バングラデシュ農村にみる外国援助と社会開発』   日本評論社  2016   
3. 西川潤  『グローバル化を超えて 脱成長期 日本の選択』   日本経済新聞出版社  2011   
4. 西川潤  『2030年 未来への選択』   日本経済新聞出版社  2018   
5. 鈴木弥生  「アラブ首長国連邦における子どものラクダ騎手 : その背景と解放への道のり」『まなびあい』第 9号、172-180頁.   立教大学コミュニティ福祉学会  2017   
6. 鈴木弥生  「ニューヨーク市におけるバングラデシュ出身の移民労働者」『まなびあい』第10号、160-179頁.   立教大学コミュニティ福祉学会  2018   
その他(Others)
講義時、適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP