シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC276/いのちの倫理学
(Life Ethics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
暮らし,環境,人生の視点から考える「生命倫理」と「環境倫理」 
担当者 (Instructor) 空閑 厚樹(KUGA ATSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMX2210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2019年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IC276 



授業の
目標
Course
Objectives
「いのち」について生命,生活,人生の視点から具体的に考え,現代社会における課題を理解し,自分のことばで応答することができる。 
Examine the concept of inochi (life in general) from the perspectives of seimei (a measurable concept in biology, medicine, philosophy, and other fields), seikatsu (livelihood) and jinsei (human life), understand the problems surrounding modern living, and address them in one’s own words. 
授業の
内容
Course
Contents
コミュニティ福祉学部は「いのちの尊厳のために」を基本理念としている。本講義では,おもに生命倫理学,環境倫理学の議論を参照しながら,「いのち」をめぐる現状を批判的に検討し,具体的代替案について議論を通して学ぶ。 
The College of Community and Human Services upholds a basic philosophy summed up in the motto “Vita dignitati (For the dignity of life)”. While mainly referencing discussions of bioethics and environmental ethics, the students shall critically probe the current situation surrounding life in general and learn by looking at concrete, alternative proposals via class discussions. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入:コミュニティ福祉学部学部理念「いのちの尊厳のために」を考える 
2. 生命倫理の視点からの検討(1):成立背景 
3. 生命倫理の視点からの検討(2):基礎概念 
4. 生命誕生をめぐる諸問題(1):出生前診断 
5. 生命誕生をめぐる諸問題(2):生殖補助医療 
6. 先端医療技術をめぐる諸問題(1):移植医療 
7. 先端医療技術をめぐる諸問題(2):エンハンスメント 
8. 終末期医療をめぐる諸問題(1):安楽死 
9. 終末期医療をめぐる諸問題(2):事前指示書 
10. 優生思想をめぐる諸問題(歴史的検討) 
11. 優生思想をめぐる諸問題(現代社会における課題) 
12. 環境倫理の基礎概念検討 
13. 環境倫理の主要論点検討 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で配布した資料は次回までに読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
教場レポート(40%) 、リアクションペーパー(40%) 、授業への貢献(20%)
テキスト
Textbooks
授業において配布する
参考文献
Readings
授業において紹介する
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP