シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC287/持続可能な福祉コミュニティ
(Sustainable welfare community) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
持続可能な社会の構築と福祉の充実の両立をコミュニティ形成の視点から考える 
担当者 (Instructor) 空閑 厚樹(KUGA ATSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象 
テキスト用コード (Text Code) IC287 



授業の
目標
Course
Objectives
持続可能性の観点から現代社会の直面する課題を概観した後、持続可能な社会をボトムアップで(再)構築する手段として期待されているコミュニティ形成実践の課題と可能性を考えます。 
Discuss the challenges and possibilities of community-building practices that are expected to be a means to create a sustainable society from the bottom up after reviewing the challenges faced by modern society from the viewpoint of sustainability. 
授業の
内容
Course
Contents
気候変動やエネルギー、食、農業の供給、分配体制の現状を批判的に検討した後、これら生活の基盤となる領域をコミュニティレベルで自立的に運営する取り組みについて学びます。また国際的な取り組みの動向としてSDGsについて学び、それぞれの生活の中での関わり方を考えます。 
After critically analyzing the current state of climate change, energy and food supply systems, and reallocation systems, the students will learn community-level efforts aimed at managing food, energy, work, and other aspects of people’s lives. The students will also learn about international initiatives being carried out to achieve SDGs (Sustainable Development Goals) and examine how these goals can be embedded in their daily lives.  
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 批判的検討のための方法論検討 
3. コミュニティ形成の基盤1 自立について 
4. コミュニティ形成の基盤2 ローカリゼーションについて 
5. 現状の批判的検討(食)―何が持続不可能な状況を生み出しているのか― 
6. 現状の批判的検討(エネルギー)―何が持続不可能な状況を生み出しているのか― 
7. 現状の批判的検討(グローバリゼーション)―何が持続不可能な状況を生み出しているのか― 
8. 現状の批判的検討(人口動態)―何が持続不可能な状況を生み出しているのか― 
9. 対応策の検討 SDGsについて(1) 
10. 対応策の検討 SDGsについて(2) 
11. 具体的事例検討(1)国内での取り組み 
12. 具体的事例検討(2)海外での取り組み 
13. 具体的事例検討(3)持続可能なコミュニティ形成における現状と課題 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は、必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、リアクションペーパー(40%) 、授業への貢献(20%)
備考(Notes)
レポートは随時提出してもらいます。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP