シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC305/社会開発論
(Social Development) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
外国援助と社会開発
Does Foreign Aid Really Work Well ?
The Significance of Social Development   
担当者 (Instructor) 鈴木 弥生(SUZUKI YAYOI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC3300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IC305 



授業の
目標
Course
Objectives
経済成長を重視して行われてきた開発の問題点を分析する。また、社会開発の重要性について学び、社会開発の意義や社会開発の推進媒体としての国際NGOの理念と活動実態、草の根のコミュニティを基盤とする貴重なアプローチについての理解を深める。 
In this class, you will analyze developmental issues as carried out with an emphasis on the economic growth-oriented model. Also, you will learn about the significance of social development and the ideals and activities of international non-governmental organizations(NGOs) as a medium for promoting social development, and their unique, community-based approaches. 
授業の
内容
Course
Contents
先進諸国や国際機関主導による経済成長重視の援助や開発は、貧富格差の拡大や生態系の破壊といった新たな社会問題を引き起こしてきた。これらの問題は一国内にとどまらず、世界規模での問題へと拡大している。そして今日では、国際的な視野から議論すべき様々な課題が蓄積されている。そこで、開発モデルの見直しを行うなかで、経済成長よりも人間中心、人間のwell-beingを第一に考えた社会開発の必要性が国連や国際NGO等によって認識されるようになった。経済成長重視の開発が社会問題を増大させたこと、社会開発の意義、そして、社会開発の推進媒体としての国際NGO等の理念と活動実態を理解することは、社会開発論を学ぶうえで重要な要素となる。 
Economic growth-oriented aid and development led by developed countries and international organizations has caused numerous social and environmental issues on a global scale. A continuing worldwide gap between the rich and poor and environmental destruction affect us all. While the development model has its place, society needs to adopt measures to move away from the current economic growth focused paradigm and move toward social development theory that considered a people-centered approach and promotes well-being, as recognized by international NGOs and the United Nations. Comprehending the often serious social issues that arise from economic growth, and the significance of social development, and understanding the ideals and activities of international NGOs as an intermediate for promoting social development are all important factors in social development theory.  
授業計画
Course
Schedule
1. ・イントロダクション:第1回目の授業には必ず参加してください
Introduction and Outline of Course (You are expected to attend the first class).  
2. ・社会開発の概念(序章)
・グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する 
What is Social Development? The Concept of Social Development (Introduction)
Think Globally, Act Locally 
3. ・緑の革命導入期における農村組織化の分析(第1章)
Analysing of the Rural Organization Process during the Introduction Years of the Green Revolution (Chapter 1) 
4. ・外国援助は役立っているのだろうか?(第2章、第3章)
Does Foreign Aid Really Work ? (Chapter 2 and 3)  
5. ・貧困の概念
・社会開発の論点:グローバル化時代における格差の拡大
・外国援助がバングラデシュ農村の貧困層に及ぼす影響(第3章)
The Concept of Poverty
Social Development Issues: Global Inequality
The Impact of Foreign Aid on the Living Conditions of the Poor People in Rural
Bangladesh (Chapter 3) 
6. ・人間開発指標(序章)
Human Development Index (Introduction)  
7. ・社会開発の理論(序章、第4章)
Social Development Theory (Introduction and Chapter 4)  
8. ・社会開発の意義(序章、第4章)
The Significance of Social Development (Introduction and Chapter 4)  
9. ・近代化論に対置する内発的発展論(序章、第1~第4章)
Endogenous Development versus Modernization (Introduction, Chapter 1, 2, 3 and 4)  
10. ・コミュニティを基盤とするアプローチ
: 草の根レベルで持続可能な発展に取り組むBRAC (Building Resources Across
Communities) の役割(第4章)
Community-based Approach
: The Role of BRAC in Sustainable Development at the Grassroots Level (Chapter 4) 
11. ・ コミュニティを基盤とするアプローチ:グラミン銀行
:バングラデシュ農村にみる貧困女性のエンパワメント (第4章)
Community-based Approach of Grameen Bank
:Empowerment of Poor Women in Rural Bangladesh (Chapter 4) 
12. ・Nativeと学ぶ社会開発
Local People’s Perspectives in Social Development  
13. ・Nativeと学ぶ社会開発
Local People’s Perspectives in Social Development  
14. ・ディスカッション:グローバルな視野からとらえ、草の根で行動する
草の根レベルで持続可能な発展に取り組む市民社会の役割 
Discussion: Think Globally, Act Locally
: The Role of Civil Society in Sustainable Development at the Grassroots Level 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
第1回目の講義には、必ず参加してください。
本テキストは、図書館にも所蔵されていますので、そこで利用することも可能です。何れにしても、事前に配付する資料やテキスト(日本語)には、目を通してから参加するようにしてください。
適宜、英語ビデオ(約10分)や英文資料を使用しますが、講義内において日本語で解説します。
質問は、講義時に遠慮なくお伝えください。電子メールでの質疑応答は行っていません。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
授業内レポート(授業やディスカッションへの積極的な参加、かつ、2/3 以上の出席が必要)(40%)
備考(Notes)
試験を受けるためには、10回以上の参加を要します。なお、第1回目の講義で重要事項をお伝えします。
【変更前】筆記試験(Written Exam)80%, 平常点(In-class Points)20% (講義への参加(ディスカッションを含む)と課題提出20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 鈴木弥生  『バングラデシュ農村にみる外国援助と社会開発』   日本評論社  2016   
その他(Others)
上記については、各自で事前に目をとおしたうえで講義に参加してください。図書館にも所蔵あり。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西川潤編著  『社会科学を再構築する : 地域平和と内発的発展 』   明石書店  2007   
2. 鈴木弥生  「バングラデシュのコミラモデルーー先進国がもちこむ農村開発の虚実」 西川潤編著『社会科学を再構築する:地域平和と内発的発展』 第5章所収、117-136頁。   明石書店  2007   
3. 西川潤  『グローバル化を超えて 脱成長期 日本の選択』   日本経済新聞出版社  2011   
4. 西川潤  『2030年 未来への選択』   日本経済新聞出版社  2018   
5. Yayoi Suzuki, Kazuhiko Sato and Ritchie Zane   A Study of the Living Conditions of Bangladeshi Migrants in New York City, Journal of the Institute of Community and Human Services, Vol.5, pp.69-89.   Institute of Community and Human Services, Rikkyo University, Japan  2017   
6. 鈴木弥生  「アラブ首長国連邦における子どものラクダ騎手 : その背景と解放への道のり」『まなびあい』第 9号、172-180頁.   立教大学コミュニティ福祉学会  2017   
7. 鈴木弥生  「ニューヨーク市におけるバングラデシュ出身の移民労働者」『まなびあい』第10号、160-179頁.   立教大学コミュニティ福祉学会  2018   
その他(Others)
その他の文献については講義時に適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP