シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
IC310/国際福祉論
(International Welfare) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバリゼーションの批判的検討
Critical Studies on Globalization  
担当者 (Instructor) 鈴木 弥生(SUZUKI YAYOI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMC2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) IC310 



授業の
目標
Course
Objectives
国際的な視野から、また、現地で生活する人々の視点から、貧困や紛争の諸原因について理解を深める。グローバリゼーションの進展に伴う深刻な社会問題の増大、紛争や占領の背景にある社会構造、大国の関与について理解する。そのうえで、コミュニティを基盤とした和平構築と人間のwell-being実現について思考する。 
In this class, students will have the opportunity to deepen their understanding of the causes of poverty and conflict by learning about them not only from global perspectives but also from people's perspectives at the grass-roots level. Also, students will learn that not only globalization has aggravated serious social and environmental issues, but that the social structure behind military occupations, the expansion of the military-industrial complexes and the involvement of major powers also contribute to those issues. The course will provide opportunities for students to think about community-based approaches to peace-building and human well-being for all people around the world.  
授業の
内容
Course
Contents
グローバリゼーションは、世界的規模での環境問題のみならず、発展途上国の人々の生活状態にも深刻な影響を及ぼしている。例えば、多国籍企業による国境・地域を越えた生産は、直接・間接的投資を通してサービスや商品の多国籍取引、また、国際労働移動を拡大させている。 それらは、経済成長を促進しているものの、増大する社会問題、環境破壊、賃金格差も深刻化させている。そのうえ、紛争や戦争と結びつく新テクノロジーの開発は、周辺に追いやられた人々への被害を拡大させている。この講義では、批判的な視点から、イスラエルによる占領拡大とパレスチナへの攻撃、占領の背景にある社会構造、軍事産業の拡大、大国の関与に焦点を当てる。また、民主主義の役割と、この危機的な状況で沈黙を破るために私たちがすべきことについて思考する。 
Globalization has not only deeply affected the environment all over the world, but also the living conditions of people at the grass-roots level in developing countries. For example, the productive capacity of multinational corporations had expanded through direct or indirect investment, and international trade in services and commodities crossing borders or nations has consequently induced the expansion of international labour migration. And although globalization has led to increased economic growth, for many it has led to some serious social issues, environmental devastation, and a widening of disparities in wages. In addition, the development of new technologies that linked to conflicts and wars are increasing the devastation in conflict zones and causing serious harm to people, especially the most vulnerable. In this class, from a critical perspective, we will focus on the expansion of Israeli occupation and attacks on Palestine, the social structure behind occupation, the expansion of the military-industrial complex and the involvement of major political and military powers. This class will give you an opportunity to think about the role of democracy and what we should do to break the silence in this critical situation.  
授業計画
Course
Schedule
1. ・イントロダクション
・国際福祉論とは
・第1回目に講義の進め方や用語の定義について説明するので,関心のある学生は必ず参加すること
Introduction and outline of course.
What it International Well-being ?
You are expected to attend the first class.  
2. ・グローバリゼーションの批判的検討
Critical perspectives on globalization 
3. ・貧困とは何であるのか 貧困の定義、貧困の諸原因
・グローバリゼーションの進展に伴う格差の拡大
What is poverty?
The definition of poverty
The causes of global poverty
Social inequality keeps widening with Globalization  
4. ・welfare からwell-being へ 
Receiving welfare or promote well-being 
5. ・パレスチナ・イスラエル問題 その1
The Israeli- Palestinian conflict 
6. ・パレスチナ・イスラエル問題 その2
The Israeli- Palestinian conflict 
7. ・パレスチナ・イスラエル問題 その3 
The Israeli- Palestinian conflict 
8. ・占領の背景にある社会構造
・紛争と剥奪、格差
The social structure behind occupation
Conflict, inequality, and deprivations 
9. ・コミュニティを基盤とした平和構築、ディスカッション
Community-based approaches to peace-building and human well-being for all people around the world
Class discussion  
10. ・資本のグローバリゼーション、貧困と子どもの労働 
Globalization of capital
Causes of child labour in developing countries 
11. ・グローバリゼーションと国際労働移動
The impact of globalization on international labour migration  
12. ・グローバリゼーションと国際労働移動
・貧困の女性化について 
The impact of globalization on international labour migration
The feminization of poverty  
13. ・Native から学ぶ国際福祉論:ゲスト講師 
核と戦争のない平和な社会を構築するための民主主義の役割 
Local people’s perspectives in International well-being
:The role of democracy for people around the world to create a peaceful society without nuclear weapons and war.  
14. ・講義まとめ,ディスカッション
コミュニティを基盤とする平和構築、人間のwell-being について 
Review and Feedback
Class discussion
Community-based approaches to peace-building and human well-being for all people around the world 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
積極的な参加とディスカッションを希望します。
そのためには、事前の準備も必要になります。講義の前に、参考文献に目を通すようにしてください。
貧困の諸原因に関して、国際NGO論の講義内容も参考にしてください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内レポート(20%) 、授業内レポート(40%) 、授業内レポート(40%)
備考(Notes)
試験を受けるためには,講義への10回以上の参加を要します。第1回目の講義には、必ず参加するようにしてください。 各回の講義では、集中して取り組むようにしてください。 また、適宜、小グループによるディスカッションを取り入れます。質問は、講義時に遠慮なくお伝えください。電子メールでの質疑応答は行っていません。
【変更前】筆記試験(Written Exam)80%, 平常点(In-class Points)20% (授業への参加と課題提出20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西川潤  『人間のための経済学』   岩波書店  2000   
2. 西川潤  『データブック 貧困』   岩波書店  2008   
3. 西川潤  『グローバル化を超えて 脱成長期 日本の選択』   日本経済新聞出版社  2011   
4. 西川潤  『未来への選択』   日本経済新聞出版社  2018   
5. 土井敏邦  『沈黙を破る―元イスラエル軍将兵が語る“占領”』   岩波書店  2008   
6. 土井敏邦  『ガザの悲劇は終わっていない パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕』   岩波書店  2009   
7. ダニー・ネフセタイ  『国のために死ぬのはすばらしい?』   高文研  2016   
その他(Others)
土井敏邦『沈黙を破る (Breaking the Silence)ドキュメンタリー「届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人びと」』 (DVD) 2010.
ブルナート, イマード・ガイ・ダビディ,ガイ監督『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び』(DVD) 2015.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP