シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/スポーツウエルネス学入門
(Introduction to Sports Wellness) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 専任教員(FULL TIME TEACHER)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMD1900 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) スポーツウエルネス学科必修科目 
テキスト用コード (Text Code) ID015 



授業の
目標
Course
Objectives
個人や社会全体のウエルネスの向上を考えるとき,健康やスポーツがどのように関わるのかを,多角的な視点から学ぶ。 
In considering the well-being of individuals and society as a whole, learn how health and sports are involved from a variety of perspectives. 
授業の
内容
Course
Contents
ウエルネスとは,Healthの枠組みを超えたより多元的な健康観であり,心身の健康の他に人生の価値観,生きがいなども,その要素に含まれる。本講義では,ウエルネスとスポーツに関して,専門を異にする複数の教員が独自な視点からオムニバス形式の講義を行なう。 
Wellness involves a more pluralistic view of health beyond the framework of health itself, incorporating the meaning of life as well as mental and physical health. In this lecture, instructors with different specializations in wellness and sports give lectures in an omnibus format based on their own points of view. 
授業計画
Course
Schedule
1. 安松 スポーツパフォーマンス分析 
2. 奇二 都市の生物多様性と豊かな自然体験のススメ 
3. 大石 スポーツと心 
4. 加藤 スポーツ医学-トップアスリート(サッカー選手)におけるメディカルサポート- 
5. 杉浦 スポーツと栄養・食事 
6. 石渡 生体リズムと健康,パフォーマンスの関係 
7. 石井 スポーツ動作の仕組みを解明する 
8. ライトナー スポーツをマネジメントする 
9. 沼澤 筋力トレーニングによる身体改造 
10. 後関 アスレティックトレーナーの役割 
11. ライトナー Japanese sport and its characteristics seen from foreigners 
12. 佐野 ジェンダー概念の理解ー体育・スポーツの見地からー 
13. 松尾 東京オリンピック・パラリンピックとこれからの日本のスポーツのあり方 
14. 安松 スポーツ選手の暑さ対策・最終レポート 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
翌週への予習課題を,各回ごとに提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回提出するリアクションペーパー(40%) 、最終レポート(Final Report)(20%) 、授業参加度(40%)
備考(Notes)
単位取得には3/4以上の出席を条件とする。
テキスト
Textbooks
特に使用しない。
参考文献
Readings
適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業計画には各教員が扱うテーマを示しており、授業を行う順番は初回の授業で案内する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP