シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/スポーツウエルネスワークショップB
(Workshop in Sports Wellness B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 大石 和男(OISHI KAZUO)ほか 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMD2900 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) スポーツウエルネス学科必修科目
2016年度以降入学者対象
大石のほか,石渡,沼澤,奇二が担当 
テキスト用コード (Text Code) ID086 



授業の
目標
Course
Objectives
少人数のゼミナール形式において、スポーツウエルネス学領域における複数の教員の専門分野を学ぶ。教員の講義だけでなく、学生による主体的な調査、討論、実習、プレゼンテーション等の実践的な学習を行う。 
Learn about different teachers’ areas of specialization in sports and wellness in small-size seminars. In addition to lectures by teachers, the course features independent investigation by students including discussions, practical training and presentations. 
授業の
内容
Course
Contents
この科目には以下の4つのクラスが用意されており、学生は自動登録により1つのクラスに約27名ずつ振り分けられる。学期を通じて複数の教員の導きにより、複数のスポーツウエルネス学領域を学び、本質を見抜く考え方、調査研究の企画・遂行・まとめ・報告といった研究の流れについて主体的な学習を進める。場合によっては、履修に影響のない範囲で時間を決め、教室以外のフィールドでの実践的な学習も行う。
1: 心身の反応の個人差(大石)
2: 脳・身体機能を測定する〜スポーツ生理学演習〜(石渡)
3: トレーニング指導のための体力プロフィール作成(塩田)
4: 新座キャンパスで生物多様性を感じる(奇二) 
There are 4 classes in this discipline, and students are divided into groups of approximately 27 per class by automatic registration. Under the guidance of several teachers during the semester, students will study several different areas of sports wellness, consider the essence of these, and learn independently about research processes such as planning, execution, summarizing and reporting on research results. In some cases, there will be opportunities for fieldwork and practical learning outside the classroom at times which do not interfere with course studies overall.
1: Individual variations of psychosomatic response (Oishi)
2: Measuring brain and body functions - Sports physiology seminar (Ishiwata)
3: How to make a physical fitness profile for training (Shiota)
4: Feel the biodiversity in the Niza campus (Kiji) 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・ワークショップBで学ぶ事 
2. スポーツウエルネス学領域の研究手法5-1 
3. スポーツウエルネス学領域の研究手法5-2 
4. スポーツウエルネス学領域の研究手法5-3 
5. スポーツウエルネス学領域の研究手法6-1 
6. スポーツウエルネス学領域の研究手法6-2 
7. スポーツウエルネス学領域の研究手法6-3 
8. スポーツウエルネス学領域の研究手法7-1 
9. スポーツウエルネス学領域の研究手法7-2 
10. スポーツウエルネス学領域の研究手法7-3 
11. スポーツウエルネス学領域の研究手法8-1 
12. スポーツウエルネス学領域の研究手法8-2 
13. スポーツウエルネス学領域の研究手法8-3 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
全てのクラスとも授業開始第1週は履修登録状況画面に示す教室でクラスごとに集合する。準備課題に関しては、その都度提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(60%) 、4回の小レポート(40%)
備考(Notes)
全てのプログラムとも各教員が課すレポートの提出を単位修得の要件とする。
テキスト
Textbooks
各プログラムで必要に応じて指示する。
参考文献
Readings
各プログラムで必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP