シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/専門演習1
(Seminar 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 専任教員(FULL TIME TEACHER)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMD3900 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ID606 



授業の
目標
Course
Objectives
少人数で高度な専門的知識の取得をめざし,担当教員の指導のもとで,自主的に学習課題を設定し,フィールドワーク,文献資料の精読等によって研究計画の作成を行いその内容を発表および議論できることを目標とする。 
The aim of the course is for students to acquire advanced expertise through working in small groups under the guidance of an instructor, setting topics and themes independently for themselves, conducting fieldwork, creating a research plan based on thorough reading of related literature and materials, and then presenting and discussing the results. 
授業の
内容
Course
Contents
「専門演習」は,専攻領域を持つ教員の知見と経験に富む指導のもと,問題意識を共有する学友と共に集中的に探究する時と場である。各自の自発性を重んじるために,選択科目となる。
健康運動領域に関わる分野では,豊かなスポーツマインドと福祉マインドを有し,運動・スポーツを通してウエルネスを向上させるための健康と運動に関する科学的知見と力能を磨く。スポーツパフォーマンス領域の分野では,人間の適応可能性を高め,高度なスポーツ文化の創造に寄与するためのスポーツ科学に関する科学的知見と力能を磨く。また,スポーツ文化に関わる分野では,スポーツ文化の創造とスポーツ科学の進化について,さらにはスポーツを通した福祉社会の実現に寄与するための知見と能力を磨く。
なお,プログラム内容については,前年度配布のガイダンス資料に掲載してあるが,例えば国際情勢などにより変更されることがあるので注意されたい。 
Advanced Research Seminar provides an opportunity to share and discuss topics in-depth with fellow students, under the guidance of qualified teachers with extensive knowledge and experience. This is an elective course because of its emphasis on spontaneity and self-motivation.
In the field of health exercise, students improve their scientific knowledge and ability and develop an extensive knowledge of sports and welfare, as these relate to health and exercise, in order to improve wellness through sport and exercise. In the field of sports performance, students improve their scientific knowledge and ability of sports science to help enhance human adaptability and contribute to the creation of an advanced sports culture. In addition, in the field of sports culture, students improve their knowledge and ability to contribute to the creation of a sports culture and the evolution of sports science as well as the development of a welfare society through sports.
The contents of the course are published in last year’s course guidance material. Please note that parts of the course may change in response to international events. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス・研究計画作成 
2. 各ゼミ専門領域の研究手法の理解1 
3. 各ゼミ専門領域の研究手法の理解2 
4. 各ゼミ専門領域の研究手法の理解3 
5. 各ゼミ専門領域の研究手法の理解4 
6. 研究テーマの検討 
7. 論文検索および先行研究調査1 
8. 論文検索および先行研究調査2 
9. 論文検索および先行研究調査3 
10. 論文検索および先行研究調査4 
11. 研究テーマの発表および議論1 
12. 研究テーマの発表および議論2 
13. 予備調査・実験計画1 
14. 予備調査・実験計画2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
全てのプログラムとも,春学期授業開始第一週は,履修登録状況画面に示す教室にクラスごとに集合する。毎週,その都度,準備課題を提示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度および普段の取り組みの姿勢(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
すべてのプログラムは,期末最終レポートの提出を単位取得の要件とする。
テキスト
Textbooks
各プログラムで必要に応じて指示する。
参考文献
Readings
各プログラムで必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP