シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JC144/日本史特殊研究 2B
(Studies in Japanese History 2B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本中世史演習 
担当者 (Instructor) 佐藤 雄基(SATO YUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS5510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JC144 



授業の
目標
Course
Objectives
日本中世史に関する研究論文、および中世史料の読解力を向上し、各自の論文作成に向けての準備を促進する。 
This course will enhance students' comprehension of medieval historical materials and research papers concerning medieval Japanese history, and will promote students' preparations for writing their own theses. 
授業の
内容
Course
Contents
①日本中世の法制史料に関する輪読・検討
②日本中世(特に院政期・鎌倉期)の研究書・学術論文の合評
③参加者の研究報告

以上の三つを行う予定である。

①について本年度は公家法・寺社法を読むことを検討しているが、具体的に読む史料については初回の授業で参加者とともに相談し、決定する。また、随時、参加者の研究テーマにそくした研究報告を行う。

ゼミのやり方としては、毎回、報告者を決めて、分担個所について関連史料・研究文献を調査してもらい、そのレジュメをもとに参加者全員で討議を行う。

②③については、初回に参加者と相談して決定する。 
(1) Group reading and investigation concerning legal and historical materials from the Middle Ages of Japan
(2) Joint reviews of research books and scholarly articles concerning Japan's Middle Ages (particularly the cloistered rule period and Kamakura period)
(3) Research reports by participants

The above three activities are planned.

Regarding (1), reading of laws concerning court nobles, temples, and shrines is under consideration for this academic year. Specific historical materials to be read will be discussed with participants and decided in the first session. As appropriate, the course will also have participants conduct research reports appropriate to their research themes. While conducting group readings of works such as the diary Hanazono tenno shinki from the end of the Kamakura period and the historical document Houryakukanki, the course had in parallel held sub-seminars to discuss political and social changes in the latter part of the Kamakura period. Whether to do so this academic year as well will be decided in consultation with participants.

As the method of conducting the seminar, in every session the class will determine a reporter who will investigate research literature and historical materials related to the area under the reporter's charge. All participants will engage in discussions based on that outline. With regard to periods not covered in Dai Nihon Shiryo, suitable related historical materials will be collected and analyzed in parallel.

With regard to (2) and (3), these will de decided in the first session in consultation with participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 中世史料輪読(1) 
3. 中世史料輪読(2) 
4. 中世史料輪読(3) 
5. 中世史料輪読(4) 
6. 中世史文献講読(1) 
7. 中世史文献講読(2) 
8. 中世史文献講読(3) 
9. 中世史文献講読(4) 
10. 個人研究報告(1) 
11. 個人研究報告(2) 
12. 個人研究報告(3) 
13. 個人研究報告(4) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
初回に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の報告(40%) 、授業への参加度(40%) 、レポート(20%)
備考(Notes)
単位修得のためには、80%以上の出席を必要とする。無断欠席は原則認めない。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 黒田俊雄  『寺院法』   集英社  2015  978-4081970209 
2. 佐藤進一  『中世法制史料集 第1巻』   岩波書店  2001   
3.   『中世政治社會思想 上巻』   岩波書店  1972  978-4000700214 
4.   『中世政治社會思想 下巻』   岩波書店  1981  978-4007305283 
5. 佐藤進一  『中世法制史料集 第6巻』   岩波書店  2005  978-4000013864 
その他(Others)
必要なものはコピーを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.          
2.          
その他(Others)
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
東京大学史料編纂所データベースhttp://www.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html
授業中に適宜指示する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP