シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JD179/超域文化学演習 2A
(Seminar in Interdisciplinary Cultural Studies 2A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
芸能論 
担当者 (Instructor) 細井 尚子(HOSOI NAOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICS5610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JD179 



授業の
目標
Course
Objectives
東アジアのパフォーマンスで、参加者各自の興味・関心のある対象について基礎知識を得ることを目指す。資料収集、分析、報告・発表などにより、論文作成やプレゼンテーションの訓練も行なう。 
The course aims to provide participants with fundamental knowledge concerning their areas of interest in East Asian performance. Training for research paper production and presentation will also take place through collection of materials, analysis, reporting, and presentations. 
授業の
内容
Course
Contents
参加者は各自の興味・関心のある対象について、関連文献や資料の収集、分析を行い、対象とするものの属性や、その背景にある社会や人々の生活についての考察も踏まえた報告を行う。授業は各自の報告と全体でディスカッションが中心となるが、全員で共有できる文献資料の講読・分析・批評、及び観劇・劇評を行うといった機会も設けたい。なお、科目の性格上、秋学期の超域文化学演習2Bも併せて受講することが望ましい。 
Participants will perform collection and analysis of literature and materials relevant to their subjects of interest, and will deliver reports on the attributes of the subject matter and on their consideration of underlying society and people's lifestyles. While classes will center on students' own reports and overall discussion, the course will also provide opportunities to perform reading, analysis, and critique of literary materials shared by all, as well as theater appreciation and dramatic criticism. Due to the nature of the subject, students are recommended to take the course together with Seminar in Interdisciplinary Cultural Studies 2B in the fall semester. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 参加者による報告とディスカッション(1) 
3. 参加者による報告とディスカッション(2) 
4. 参加者による報告とディスカッション(3) 
5. 参加者による報告とディスカッション(4) 
6. 参加者による報告とディスカッション(5) 
7. 参加者による報告とディスカッション(6) 
8. 参加者による報告とディスカッション(7) 
9. 参加者による報告とディスカッション(8) 
10. 参加者による報告とディスカッション(9) 
11. 参加者による報告とディスカッション(10) 
12. 参加者による報告とディスカッション(11) 
13. 参加者による報告とディスカッション(12) 
14. 参加者による報告とディスカッション(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の興味・関心のある対象に関連する文献資料やデータの収集、分析を進め、報告に反映すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告・ディスカッションの内容(80%) 、授業の参加度(20%)
テキスト
Textbooks
参加者の研究対象に応じ、適宜指示する。
参考文献
Readings
参加者の研究対象に応じ、適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP