シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
JH122/フランス文学演習 1B
(Seminar in French Literature 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小倉 和子(OGURA KAZUKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
FRL6313 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) JH122 



授業の
目標
Course
Objectives
フランス現代詩を代表する詩人イヴ・ボヌフォワ(Yves Bonnefoy, 1923-2016)が場所をめぐって展開する思索を講読することにより,現代社会における芸術創造の根幹に関わる問いについて考察できるようになる。 
Students will read the contemplations on places of Yves Bonnefoy (1923-2016), a poet representing modern French poetry, to acquire ability to analyze fundamental questions about art creation in modern society. 
授業の
内容
Course
Contents
ボヌフォワは1953年に処女詩集『ドゥーヴの動と不動』を発表して以降,詩集のみならず,多くの詩論や美術評論,神話事典の編纂,シェイクスピアをはじめとする外国文学の翻訳等を通して,文学創造,ひいては芸術創造全般にたいする根本的な問いについて思索を巡らせた詩人である。2016年にその生涯を閉じたが,彼が問いかけた問題は今もインパクトを失っていない。
ボヌフォワの詩作は言葉によって現前(プレザンス)を表現する試みに集約できるが,その根源にあったのが「此処と他所」の和解の問題だった。「此処」に現前しているものを表現することをみずからの詩の使命としながら,「他所」にたいする誘惑も断ちがたい詩人。授業では昨年に引き続き,1972年に発表した『奥の国(後背地)』の講読を通して,この問題を考察する。昨年とは異なる部分を講読するので,初回の授業でこれまで読んだ部分を要約・解説する。また,あわせて詩作品も講読する。 
Bonnefoy published his first collection of poems Du mouvement et de l'immobilité de Douve in 1953. Since then, he has contemplated on wide variety of fundamental questions surrounding art and literature creation. He did this not only through poetry collections, but also through poetic theory, art critic, compilation of a mythological encyclopedia, and translation of foreign literatures such as Shakespeare. Although he has departed in 2016, the questions he asked have not lost their impact.
Bonnefoy’s poems can be summarized in an attempt to express “présence” in words. Their roots lie in reconciliation of “here and there”. As a poet, he has taken up his poetic calling to represent here in present, but he was hard-pressed to reject temptation of “there”.
This class will be sequel to last year. Students will read L'Arrière-pays (Hinterland) published in 1972 and analyze this question. Students will read different parts than last year. During the first class, parts already read will be summarized and explained. In addition, students will also read his poems.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. L’Arrière-pays 講読(1) 
3. L’Arrière-pays 講読(2) 
4. L’Arrière-pays 講読(3) 
5. L’Arrière-pays 講読(4) 
6. L’Arrière-pays 講読(5) 
7. L’Arrière-pays 講読(6) 
8. L’Arrière-pays 講読(7) 
9. L’Arrière-pays 講読(8) 
10. L’Arrière-pays 講読(9) 
11. L’Arrière-pays 講読(10) 
12. L’Arrière-pays 講読(11) 
13. L’Arrière-pays 講読(12) 
14. L’Arrière-pays 講読(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,毎回の授業で行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、毎回の授業への参加度(口頭発表や質疑応答)(60%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 清水茂編・訳  『イヴ・ボヌフォワ詩集』   小沢書店  1993年  ISBN978-4755140037 
2. 阿部良雄他訳  『ありそうもないこと-存在の詩学』   現代思潮社  2002年  ISBN978-4329010148 
3. 小倉和子  『フランス現代詩の風景』   立教大学出版会  2003年  ISBN978-4901988018 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP