シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
KA326/日本経済特論2
(Special Lecture on Japanese Economic 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本と東アジアの高度経済成長研究2 
担当者 (Instructor) 林 采成(LIM CHAISUNG) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX5720 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KA326 



授業の
目標
Course
Objectives
戦後東アジア経済は冷戦の傍ら長期間にわたる「高度成長」あるいは「圧縮成長」を経験した。経済史的観点から見れば、日本、台湾、韓国、中国の隣接する4つの地域あるいは国が時間差を置きながら、このような高成長を工業化に基づいて成し遂げたのは人類史上、東アジアに限られる現象である。その中で日本経済がいわゆる投資循環型高度成長メカニズムを構築し、1955年から石油危機が起こる1973年にかけて年平均10%前後の成長率を記録している。日本は外資の導入と高い貿易依存度を前提として全く別の国となってしまうが、高度成長の原型ともいえる。こうした比較の視点から、なぜ日本と東アジアでは高成長メカニズムが作動して展開し、最後には終息に向かえざるを得なかったのかを明らかにする。 
Post-war East Asian economy has experienced long period of high or compressed growth parallel to the cold war. From perspective of economic history, Japan, Taiwan, South Korea, China and their surrounding 4 regions and countries have achieved great economic growth based on industrialization despite lag in their progress. In human history this phenomenon is only observed in Easy Asia. Amidst this, Japan has constructed high-growth mechanism through the so-called investment cycle model. Through these, Japan has recorded roughly 10% annual growth from 1955 to crude oil crisis 1973. Although Japan seems like different country if we look at foreign capital inflow and high dependency on trade, it is still the prototype for high growth. Through comparative perspective, professor will clarify how these high-growth mechanisms work in Japan and East Asia, and why they had inevitably end. 
授業の
内容
Course
Contents
武田晴人・林采成編(2019) 『歴史としての高成長』京都大学出版会、堀和生・萩原充編(2019)『世界工場への道』京都大学学術出版会、堀和生編著(2016)『東アジア高度成長の歴史的展開』京都大学学術出版会、武田晴人編(2011)『高度成長期の日本経済』有斐閣、関連論文などを順番に読んでいく。そしてそれを基に高度経済成長メカニズムを探る。 
Students will read The Historical Origins of The High Economic Growth in East Asia by Kazuo Hori (2016, Kyoto University Press), The high-growth Economy in Japan by Takeda Haruhito (2011, Yuhikaku publishing), and related papers. Students will explore mechanisms of high economic growth based on these. 
授業計画
Course
Schedule
1. 高度成長期の日本経済に関する経済史的分析 
2. 関連論文および資料分析 
3. 関連論文および資料分析 
4. 関連論文および資料分析 
5. 関連論文および資料分析 
6. 関連論文および資料分析 
7. 関連論文および資料分析 
8. 関連論文および資料分析 
9. 関連論文および資料分析 
10. 関連論文および資料分析 
11. 関連論文および資料分析 
12. 関連論文および資料分析 
13. 関連論文および資料分析 
14. まとめ―「高度成長」の歴史的総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
輪読については日本経済特論1に同じ。資料分析については担当した資料群の分析経過を報告し、分析上の隘路についは打開方法を協議するので、それらを明確にしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、ディスカッション技術など(60%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 武田晴人  『高度成長期の日本経済』   有斐閣  2011  978-4-641-16368-3 
2. 堀和生・萩原充  世界工場への道   京都大学出版会  2019  978-4814002184 
3. 武田晴人・林采成   歴史としての高成長   京都大学出版会  2019  9784814002474 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業時に提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP