シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動またはその他/研究指導演習1B
(Seminar 1B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MBU6610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KM453 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文あるいはビジネスケースについての理解および研究に対する姿勢を身につけた上で、研究のテーマと方法、構成を確定するための学習を進める。 
After acquiring an understanding of the master’s thesis or business case and research approaches, students continue to study to determine the research theme, method and structure. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期での学習を踏まえた上で、研究テーマと方法を確定するための学習を進めていく。春学期同様、先行研究の収集とその読解・整理を進め、当該研究領域の理解を深めながら、自身の研究テーマと研究方法を確定する。ビジネスケースについては、学術的な基礎を決定し、それに基づいてケース本文とティーチングノートの概要について確定する。春学期同様に、学生の進捗報告を基本とし、それに対する指導教授の指導と他の教員や学生とのディスカションなどを通じて、自身の研究分野に関する知識と方法を一層深めていきながら、秋学期終了時には、修士論文、ビジネスケースそれぞれの課題を確定する。  
Based on studies in the spring spring semester, students continue to study to determine research themes and methods. Like in the spring semester, students continue collecting, reading and organizing prior research and determine their personal research themes and research methods while deepening their understanding of the appropriate research areas. For business cases, the academic basis is determined, and the case outline and teaching notes are decided based on this. Like in the spring semester, at the end of the fall semester, students determine each subject for the master’s thesis or business case while dramatically deepening their knowledge and methods related to their research area through guidance from the guidance professor and discussions with other teaching staff and students, based on their progress report.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No1 
3. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No2 
4. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No3 
5. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No4 
6. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No5 
7. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No6 
8. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No7 
9. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No8 
10. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No9 
11. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No10 
12. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No11 
13. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各指導教員の指示に従う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告および出席(100%)
テキスト
Textbooks
授業時に適宜指示する。
参考文献
Readings
授業時に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP