シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動またはその他/研究指導演習2B
(Seminar 2B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MBU6610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KM553 



授業の
目標
Course
Objectives
2年間の研究の総仕上げとして、論文完成に向け、研究を進め、最終的に論文を執筆する。 
As the complete end of two years of research, research continues towards thesis completion, and the thesis is finally written. 
授業の
内容
Course
Contents
論文作成に当たっての最後の学期となるので、論文の執筆とそれに対応した内容の吟味、修正を基本に進めていく。論文執筆に当たっての先行研究の整理と検討、必要な事実、データ、論拠のまとめを通して、文章化を進める。ビジネスケースについては、ケース本文とティーチングノート、教育の効果や方法を踏まえたディスカッションの進め方などについて具体的に検討し、文章化する。論文執筆に当たっては、適宜、学生による進捗報告を受け、それに対する指導教授の指導を加え、必要に応じて論文の加筆や修正を行ない、論文を完成させる。 
As this is the last semester for thesis creation, students proceed with writing their theses as well as scrutinizing and revising the corresponding content. Students continue writing through the organization and examination of prior research and collection of necessary facts, data and arguments for writing the thesis. For business cases, students concretely examine the case text and teaching notes, as well as discussion formats based on education results and methods, and continue writing. When writing the thesis, each student receives a progress report, the guidance professor adds their guidance and the student corrects and revises the thesis as necessary before completing the thesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No1 
3. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No2 
4. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No3 
5. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No4 
6. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No5 
7. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No6 
8. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No7 
9. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No8 
10. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No9 
11. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No10 
12. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No11 
13. 個々の学生への研究指導(学生による報告とディスカション) No12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各指導教員の指示に従う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告および出席(100%)
テキスト
Textbooks
適宜授業内で指示する。
参考文献
Readings
適宜授業内で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP