シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/組織行動論
(Organizational Behavior) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期2 (Spring Semester 2) 金曜日(Fri) G5時限(Period G5)  
春学期2 (Spring Semester 2) 金曜日(Fri) G6時限(Period G6)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MBU5000 
使用言語
(Language)
 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KM804 



授業の
目標
Course
Objectives
この授業では、組織行動論の基礎を理解することで、企業で実施されている人材マネジメントを理論的にとらえ、その今日的課題を検討する力を養う。このようなプロセスを通じて、マネジメントの実践に際して必要な判断力とスキルが得られるようにすることを最終的な目的とする。 
This course aims for students to develop the skill and ability to theoretically grasp the current issues of human resource management and to consider solutions for problems of organizational behavior in companies. The ultimate goal is to ensure the judgment and skills necessary for the practice of management. 
授業の
内容
Course
Contents
ケース・ディスカッションや実習を通じて問題意識を明確化し、思考力を深め、実践的スキルを磨く。一方、講義によって、実践的なスキルの理論的なフレームワークを作成するために必要となる基礎的な知識を身につける。 
In this course, students clarify their awareness of issues, boost the ability to think, and develop practical skills in organizational behavior through case discussions and workshops. Meanwhile, through the lectures, students acquire the basic knowledge necessary to create a theoretical framework for practical skills. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 職務態度 
3. モチベーション1 
4. モチベーション2 
5. リーダーシップ1 
6. リーダーシップ2 
7. 知覚1 
8. 知覚2 
9. グループ・ダイナミクス1 
10. グループ・ダイナミクス2 
11. コミュニケーション1 
12. コミュニケーション2 
13. キャリア 
14. 授業内テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講生には、授業の事前準備として以下が求められる。
  1)指定されたテキストのパートを読み込んでくる。
  2)指定されたケースを読み込んだ上に、ケースに関わる設問をパワーポイントにまとめてくる。なお、当該パワーポイントは授業後に提出が求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、各授業で提出が求められるパワーポイント(40%) 、授業内発言(20%)
備考(Notes)
いかなる理由があっても、3回以上欠席した場合は、自動的に単位取得ができなくなるので留意すること。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. スティーブンP.ロビンス  『組織行動のマネジメント』   ダイヤモンド社  2009  978-4478004593 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業内で適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
• 本科目は、講義に続いてクラスあるいはチーム単位でのディスカッション形式で授業を展開する。
• 双方向による授業の割合は100%(14回中14回)である。 


PAGE TOP