シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/リーダーシップ・ウエルカム・プロジェクト
(Introduction to Leadership Project) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 石川 淳(ISHIKAWA JUN)
中原 淳(NAKAHARA JUN)
山口 和範(YAMAGUCHI KAZUNORI)
鈴木 秀一(SUZUKI SHUUICHI)
佐々木 宏(SASAKI HIROSHI)
舘野 泰一(TATENO YOSHIKAZU)
田中 聡(TANAKA SATOSHI)
藤澤 広美(FUJISAWA HIROMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 1時限(Period 1)  
春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MBU5010 
使用言語
(Language)
 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) KM821 



授業の
目標
Course
Objectives
異種混交チームでの課題解決を通して
1.組織変革プロセスにおいて発揮されるリーダーシップについて理解を深め、それをわかりやすく伝えるコンテンツを作成できる能力をもつこと
2.リフレクションやフィードバックなど、人材開発、リーダーシップ開発、組織開発に必要な概念を学ぶこと
3.課題解決プロセスをリフレクションしながら、セルフアウェアネスを高め、自己のリーダーシップ課題を明確化すること
4.リーダーシップ開発コースのカリキュラムマップを学び、かつ、リーダーシップ開発コースの大学院生としてのアイデンティティを確立すること 
Through tackling the assignment by diversity team,
1. students deeply understand the leadership that is effective for the process of organizational change and acquire the ability to create the program that develop such leadership.
2. students learn reflection, feedback, and so on those are necessary for human resource development, leadership development, and organizational development.
3. students promote self-awareness and clarify the challenge of their leadership by the reflection of the problem-solving process.
4. students learn the curriculum of leadership development course and develop the identity as the students of leadership development course. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期に入学した新大学院生が、4人で1組のチームを組み、チームで課題解決を3ヶ月かけて成し遂げる。課題は下記のとおりである。
 1)変革への抵抗・葛藤に対処しつつも、試行・実施された組織変革プロセスを調査しつつ、そこでどのようなリーダーシップが発揮されていたのかを明らかにせよ
 2)上記の調査を通して、20人の新任管理職(課長レベル)が、仕事を為すなかで発揮しなければならないリーダーシップ行動について理解を深める30分のコンテンツをデザインし、実践せよ
期間内には何回かのフィードバック機会がある。各教員からのフィードバックを糧にして、最終発表のコンペティションに向かう。最終発表後は、経験学習型のリーダーシップ開発モデルにもとづき、チームリフレクションと相互フィードバックを行い、リーダーシップ行動の補正を行う。 
Freshers make teams those are composed four people and complete the assignment for three months by the teams. The assignment is as follows.
1) Investigate the process of the organizational change that overcome the resistance and conflict against the change and clarify the leadership that promote the process of organizational change.
2) Design and run the program, which deepen the understanding of leadership that promotes the organizational change, for twenty section chief managers.
Students can receive the feedback on several times.
Students prepare for the final presentation based on the feedback from instructors.
After final presentation, students brush up their own leadership behavior based on team reflection and mutual feedback coming from experiential learning style’s leadership development model. 
授業計画
Course
Schedule
1. 「聞き取りの作法」を学ぶ1 
2. 「聞き取りの作法」を学ぶ2 
3. 人材開発とラーニングデザイン1 
4. 人材開発とラーニングデザイン2 
5. 中間発表1 
6. 中間発表2 
7. 中間発表3 
8. 中間発表4 
9. コンテンツデザイン案のブラシュアップ1 
10. コンテンツデザイン案のブラシュアップ2 
11. 最終発表1 
12. 最終発表2 
13. リーダーシップ開発1 
14. リーダーシップ開発2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
グループで課題解決のための各種のプレゼンテーション準備、ディスカッションを必要とする。これに加えて、毎回課題が課される。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終プレゼンテーション(40%) 、課題(40%) 、グループワークへの参加状況(20%)
備考(Notes)
いかなる理由があっても、3回以上欠席した場合は、自動的に単位取得ができなくなるので留意すること。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石川淳  『シェアド・リーダーシップ: チーム全員の影響力が職場を強くする』   中央経済社  2016   
2. 中原淳・中村和彦  『組織開発の探究』   ダイヤモンド社  2018   
3. 舘野秦一・高橋俊之(編)・中原淳(監修)  『リーダーシップ教育のフロンティアー研究編』   北大路書房  2018   
その他(Others)
Day, D. V. (2011). Integrative perspectives on longitudinal investigations of leader development: From childhood through adulthood. The Leadership Quarterly, 22(3), 561-571. doi:10.1016/j.leaqua.2011.04.012
Day, D. V., Fleenor, J. W., Atwater, L. E., Sturm, R. E., & McKee, R. A. (2014a). Advances in leader and leadership development: A review of 25years of research and theory. The Leadership Quarterly, 25(1), 63-82. doi:10.1016/j.leaqua.2013.11.004
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
• 本科目は、講義に続いてクラスあるいはチーム単位でのディスカッション形式で授業を展開する。
• 双方向による授業の割合は100%(14回中14回)である。 


PAGE TOP