シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB757/音楽社会学研究
(Sociology of Music) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
音楽社会学研究の理論的潮流 
担当者 (Instructor) 井手口 彰典(IDEGUCHI AKINORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB757 



授業の
目標
Course
Objectives
音楽社会学研究を進める上で必要となる基礎的な理論を修得するとともに、音楽社会学の成立経緯やその現代的な問題点などを理解する。 
In this class, the instructor treat a basic theory which is needed when advancing sociology-of-music research. Students will be expected to understand the circumstances where sociology-of-music was established, and study its up-to-date problems.  
授業の
内容
Course
Contents
音楽社会学の広がりと具体的な研究手法を、既存の文献の読解を通じて学ぶ。文献には基本的に日本語のものを用いるが、毎回多くの文章を読むため、受講者には十分な日本語の読解力が求められる。
 
Students will read important documents every week. Documents are written in Japanese basically. Students are required to have sufficient reading skills of Japanese. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 文献講読A1 
3. 文献講読A2 
4. 理論の応用A1 
5. 理論の応用A2 
6. 文献講読B1 
7. 文献講読B2 
8. 理論の応用B1 
9. 理論の応用B2 
10. 文献講読C1 
11. 文献講読C2 
12. 理論の応用C1 
13. 理論の応用C2 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内での発表および課題(100%)
テキスト
Textbooks
授業内で指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 根岸一美(他編)  音楽学を学ぶ人のために   世界思想社  2003  4790710335 
2. ジョン・シェパード(他編 )  ポピュラー・ミュージック・スタディズ : 人社学際の最前線   音楽之友社  2005  4276230020 
3. マーティン・クレイトン(他編)  音楽のカルチュラル・スタディーズ   アルテスパブリッシング  2011  9784903951409 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
プリント類の輪読をベースとするが、適宜音例なども用いる。予め担当を決めて発表を求めることもある。文献の選択についてはある程度学生の興味・関心も反映させる予定である。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP