シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
MB763/Webスタディース研究
(Research on Web studies) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 川畑 泰子(KAWAHATA YASUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SOC6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) MB763 



授業の
目標
Course
Objectives
公衆ネットワークが普及して以降, Web上の情報発媒体(デバイスなど)の形も急速に時空間制約を超え, 即時性・双方向性を持つものに普及している.また, 計算機基盤の発展により社会のフレームワークに関する情報がどのように形成されているかに関しても数値・文字情報を介して"見える化"しつつある.
これまで可視化・定量化されにくかった社会現象におけるメカニズムを理解するWeb Scienceの分野の研究も急激に成長を遂げている.そして,それらの学問を応用し,社会実装に繋げる研究開発もデータサイエンスの分野の一つと提唱され,徐々に進んでいる.
それらの歴史的背景からWeb上の情報の変遷とそれらを取り巻く情報媒体の変化をデータサイエンス的なアプローチを介してともに学びたい. 
Since the spread of public networks, the form of information transmission media (devices, etc.) on the Web has rapidly exceeded the spatio-temporal constraints and has spread to those with immediacy and two-wayness. It also becomes "visualized" through numerical and textual information on how information about social frameworks is formed.
Research in the field of Web Science, which understands the mechanisms of social phenomena that have been difficult to visualize and quantify, has been growing rapidly. Research and development that apply those disciplines and lead to social implementation have been proposed as one of the fields of data science, and have been progressing gradually.
The purpose of this course is to learn about the changes in the information on the Web and the changes in the information media surrounding them through a data science approach from their historical background. 
授業の
内容
Course
Contents
主として,Webの歴史概要に触れつつ, データサイエンス的手法を用いて対象に接近していくが,新聞記事や統計資料などの取得可能なデータなどを用い,理解を深めていく. 授業資料及びテキスト・画像・映像などを組み合わせた内容となる.また,授業参加者で作成したアンケート結果(リアルタイム)を共有しながら進行する. 
While approaching the target mainly by using the data science method as we touch on the history overview of the Web, students are expected to understand deeply by using available data such as newspaper articles and statistical materials. This course deals with a combination of class materials, texts, images, and videos. In addition, it progresses as we share the questionnaire results (real time) created by the class participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業ガイダンス 
2. 「Webが身近になるまで」概論1 
3. 「Webが身近になるまで」輪読・研究紹介 
4. 情報とメディアの関わりに関する歴史1 
5. 情報とメディアの関わりに関する歴史2 
6. 1995年前後のWebと雑誌-新聞の関係を捉える(調査)1 
7. 1995年前後のWebと雑誌-新聞の関係を捉える(調査)2 
8. 2000年以降のWeb文化 はどこまで振り返れるか1 
9. 2000年以降のWeb文化 はどこまで振り返れるか2 
10. ソーシャルメディアの登場1 
11. ソーシャルメディアの登場と研究 
12. 実生活とWeb-Web上のリスクマネジメントを考える1- 
13. 実生活とWeb-Web上のリスクマネジメントを考える2- 
14. まとめ・今後のWeb上における課題を議論する 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業1回目以降より, 予習・復習用の文献とアンケート課題を提示する. 結果は, 翌週授業にて紹介しつつ議論を深める. 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
オンライン授業への参加(発言の履歴を残すなど積極性)(20%) 、小レポート(授業中のアンケート回答、予習・復習)(20%)
備考(Notes)
【変更前】出席点(40%) 、最終レポート(Final Report)(40%) 、予習・復習・積極性(20%)
テキスト
Textbooks
授業に関連した時事情報も交え進行するため, 追って紹介する.
参考文献
Readings
授業に関連した時事情報も交え進行するため, 追って紹介する.
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP