シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM201/知覚心理学特殊研究
(Advanced Studies in Perceptual Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM201 



授業の
目標
Course
Objectives
知覚心理学およびその関連領域(認知心理学,実験心理学,神経生理学,認知神経科学等)の最新の研究知見に触れ,批判的にデータを検証する視点やプレゼンテーション・ディスカッション能力などのスキルを獲得することを目指す。 
Through leaning recent research into the perceptual psychology and related fields (cognitive psychology, experimental psychology, neurophysiology, cognitive neuroscience, etc.), students develop their academic skills such as critical inspection of data, giving presentations, and persuasive discussion. 
授業の
内容
Course
Contents
最新の研究内容について,プレゼンテーション形式で発表を行い,履修者全員で議論・討論を行う。扱う内容については,最近発表された研究論文および自身で行った最近の研究内容あるいは研究計画などが考えられる。最近の研究論文を紹介する場合には,英語論文であることが望ましい。自身の研究内容について発表を行う際には,学会発表のトレーニングを兼ねる。研究内容の優れた点や問題点などを考えることで,データを論理的・批判的に検証する視点などを養う。基本的には知覚心理学およびその関連領域(認知心理学,実験心理学,神経生理学,認知神経科学等)の研究内容を取り扱う予定でいるが,プレゼンテーション・ディスカッション能力の向上を目指す,基礎心理学関連領域に関心のある全ての学生の発表・参加を歓迎する。 
Each participant will make an oral presentation regarding recent research topics, and all students will discuss and debate it. The contents of the presentation may include recently published articles and/or a student's own recent research data or research plan. When students make a presentation about recent research publications, English papers are preferred. When students talk about their own study work, it will double as training for presenting results at actual research conferences. By considering the advantages and problems evident in their own research, students will develop an ability to understand data from a logical and critical perspective. Although the topics of the presentation will be chosen mainly from perceptual psychology and related fields (cognitive psychology, experimental psychology, neurophysiology, cognitive neuroscience, etc.), any student interested in basic psychology or related fields and wishing to improve his/her presentation and discussion skills is welcome. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 研究発表・討論(1) 
3. 研究発表・討論(2) 
4. 研究発表・討論(3) 
5. 研究発表・討論(4) 
6. 研究発表・討論(5) 
7. 研究発表・討論(6) 
8. 研究発表・討論(7) 
9. 研究発表・討論(8) 
10. 研究発表・討論(9) 
11. 研究発表・討論(10) 
12. 研究発表・討論(11) 
13. 研究発表・討論(12) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
ガイダンス時に準備学習の内容について教示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表(60%) 、出席と討論(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP