シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM311/現代心理学特殊演習
(Advanced Seminar on Contemporary Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
心理学専攻(前期・後期課程)における総合演習 
担当者 (Instructor) 心理学専攻専任教員 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5920 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM311 



授業の
目標
Course
Objectives
学生が自身の研究について発表を行い、他の大学院生や専攻教員からの質問やアドバイスを受けることによって、自身の研究テーマ、方法、分析などの向上を図る。さらに他の大学院生の研究報告を聞き、討論を行うことを通して、心理学研究への多面的な理解を深め、研究能力を伸長させることを目標とする。 
Each student will give a presentation on his/her own research. Following each presentation, improvements to the research theme, methods, analysis, etc. will be sought through questions and advice from faculty members and other graduate students. Additionally, as you discuss and question the research reported by other graduate students, you will deepen your understanding of psychology from multiple perspectives and thereby improve your own research competence. 
授業の
内容
Course
Contents
この授業は心理学専攻所属教員全員による研究指導の場である。基本的には、研究指導教員全員と、大学院博士課程前期課程・後期課程の大学院生全員が、毎回授業に出席する。司会進行や運営は大学院生が行う。大学院生による研究発表に対し、全員で積極的に討論を行い、指導教員・副指導教員以外の研究指導教員からもアドバイス等をもらう。 
This class serves as a venue for receiving research guidance from all faculty members of the Graduate Program in Psychology. In principle, all faculty advisors and all doctoral program and master’s program students will attend each session. Graduate students will manage and lead the sessions. All attendees will assertively discuss and raise questions about the research presented by graduate students. Although each student’s own advisor and sub-advisor will be present, any faculty member may address advice, questions, etc. to any graduate student. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 研究発表と討論(1) 
3. 研究発表と討論(2) 
4. 研究発表と討論(3) 
5. 研究発表と討論(4) 
6. 研究発表と討論(5) 
7. 研究発表と討論(6) 
8. 研究発表と討論(7) 
9. 研究発表と討論(8) 
10. 研究発表と討論(9) 
11. 研究発表と討論(10) 
12. 研究発表と討論(11) 
13. 研究発表と討論(12) 
14. 演習全体のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究発表(70%) 、討論参加(30%)
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP