シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UN111/臨床心理基礎実習1
(Basic Clinical Training 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
臨床心理士の基礎的な知識や態度の修得 
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI)
林 もも子(HAYASHI MOMOKO)
原 信夫(HARA SHINOBU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4)  
春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5)  
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UN111 



授業の
目標
Course
Objectives
臨床心理士として基礎的な倫理および治療構造を理解し、学内実習施設における支援者との関りの基礎を学び、事例検討会や面接の陪席など、支援の現場に触れて支援者としての基本的な知識と態度を身につける 
Understand the fundamental ethics and therapy structure applied by clinical psychologists. Then while experiencing the actual therapy environment at the on-campus training facility, they will participate in case studies, observe client interviews, and acquire the basic knowledge and attitude required of a therapist. 
授業の
内容
Course
Contents
講義の中で、臨床心理士の歴史と機能を学ぶ。臨床心理士の職責、すなわち、① 臨床心理士の役割 ② 臨床心理士の法的義務及び倫理 ③ 心理に関する支援を要する者等の安全の確保 ④ 情報の適切な取扱い ⑤ 保健医療、福祉、教育その他の分野における臨床心理士の具体的な業務 ⑥多職種連携及び地域連携 についての基礎的な学習をする。
学内実習施設における電話受付実習を10時間行う。学内実習施設における面接の陪席を、事前学習、事後の振り返りを含め、6時間行う。学内実習施設における事例検討会に9時間参加する。 
Lectures will examine the history and function of certified clinical psychologists. Students will learn about the basic duties of certified clinical psychologists, in particular, ① their roles, ② their ethical and legal obligations, ③ maintaining the safety of clients in their care, ④ appropriate handling of information, ⑤ specific duties in healthcare, welfare, education, and other fields, and ⑥ cooperation among multiple professions and within communities.
Students will complete the following at the on-campus training facility: 10 hours of practical training in telephone reception; 6 hours observing client interviews and attending briefings and debriefings; 9 hours participating in case studies. 
授業計画
Course
Schedule
1. 臨床心理士の歴史と役割 
2. 臨床心理士の法的義務および倫理 
3. 心理に関する支援を要する者等の安全の確保・情報の適切な取り扱い 
4. 保険医療、福祉、教育その他の分野における臨床心理士の具体的な業務 
5. 多職種連携および地域連携についての基礎的な学習 
6. 学内実習施設における電話受付実習 
7. 学内実習施設における電話受付実習 
8. 学内実習施設における電話受付実習 
9. 学内実習施設における面接陪席実習 
10. 学内実習施設における面接陪席実習 
11. 学内実習施設における事例検討会への参加 
12. 学内実習施設における事例検討会への参加 
13. 学内実習施設における事例検討会への参加 
14. 振り返りとまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
臨床心理士の職責、すなわち① 臨床心理士の役割 ② 臨床心理士の法的義務及び倫理 ③ 心理に関する支援を要する者等の安全の確保 ④ 情報の適切な取扱い ⑤ 保健医療、福祉、教育その他の分野における臨床心理士の具体的な業務 ⑥多職種連携及び地域連携 についての基礎的な学習を予習として行う。面接の陪席をするケースについての予備学習を行う。陪席の事後学習として振り返りと自己評価を行う。事例検討会の後に、振り返る。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、講義への積極的な参加(10%) 、電話受付実習(10%) 、面接陪席と振り返り小レポート(毎回)(10%) 、事例検討会の振り返り小レポート(毎回)(40%)
備考(Notes)
講義、実習、面接陪席、事例検討会の全体を通じて、欠席が3分の1以上の場合には評価は不合格とする
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP