シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UN131/臨床心理査定演習1(心理的アセスメントに関する理論と実践)
(Seminar in Personality Assessment 1 : Psychological Assessment) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI)
前川 真奈美(MAEKAWA MANAMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UN131 



授業の
目標
Course
Objectives
臨床心理士ないし公認心理師として必要とされる心理的アセスメントの目的や意義,方法,倫理,その観点・展開について十分に理解し,その適切かつ円滑な実施およびフィードバックができ,心理支援を要するクライエントの支援に結びつけることができる。 
Students will gain sufficient understanding of the purpose, meaning, and methods of psychological assessments, the ethics surrounding them, and the further development of the above to function as a certified public psychologist or clinical psychologist. They will also learn to conduct assessments smoothly and provide appropriate feedback, and how to link them with the psychological support provided to clients. 
授業の
内容
Course
Contents
査定演習1は,臨床心理士資格関連科目かつ公認心理師資格取得関連科目である。査定演習1・2とも,臨床心理査定を臨床心理面接につなぐことが重視される。加えて,査定演習1では,保健医療,福祉(児童・障害児者・高齢者),教育,司法・犯罪,産業・労働領域に必要とされる心理的アセスメントの意義および心理的アセスメントに関する理論と方法を理解し,これを心理に関する相談,助言,指導等の応用するための演習・実習を行う。心理的アセスメントとして観察,面接および心理検査を取り上げ,その実施,分析,解釈および記録と報告について検討する。 
Seminar in Personality Assessment 1 contains material that is required for certification as a clinical psychologist or certified public psychologist. Seminar in Personality Assessment 1 and 2 both focus on the relationships between clinical psychological assessments and client interviews. Additionally, Seminar in Personality Assessment 1 will furnish an understanding of the meaning, theory, and methods of psychological assessments that are essential to healthcare, welfare (of children, the handicapped, and the elderly), education, crime and judicial affairs, and industry and labor-related issues. Lectures and practical training regarding the application of assessments to psychological counseling, advice, and guidance within the above areas will be provided. Students will observe psychological assessments and their application to interviews and psychological examinations, consider their implementation, analyze and interpret results, and examine records and reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. アセスメント(意義・理論・倫理。テストバッテリー・IC・ラポールなど) 
2. ジェノグラム(家族歴・事例・生活史など) 
3. アナムネシス(予診,現病歴,病態水準など) 
4. アナムネシス(記入表をもちいた事例整理,ケースフォーミュレーション) 
5. 症状理解と状態査定(CES-D,BDI-Ⅱ,MAS,STAI,GHQなど) 
6. 発達理論と発達検査(デンバー,遠城寺,津守,新版K式,KIDS) 
7. 知能定義と知能検査(ビネー,ITPA,K-ABC-Ⅱ,DAP,WAIS,WISC) 
8. 知能検査の実際(WISCの実施法1) 
9. 知能検査の実際(WISCの実施法2) 
10. 知能検査の実際(WISCのスコアリング) 
11. 知能検査の実際(WISCの結果分析) 
12. 知能検査の実際(ビネーⅤの実施法・スコアリング) 
13. 知能検査の実際(ビネーⅤの結果分析) 
14. まとめ(相談・助言・指導へのアセスメントの応用) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
パーソナリティや心理アセスメントの基礎知識について復習し、理解を深めておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席と積極的な取り組みの姿勢(60%)
テキスト
Textbooks
講義内で適宜資料を配布する。
参考文献
Readings
講義内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
演習授業であるため、積極的な授業への参加態度および取り組みの姿勢が重要となる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP