シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UN133/臨床心理面接特論1(心理支援に関する理論と実践)
(Studies in Psychotherapy 1 : Theory & Practice of Psychological Support) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI)
田中 佑樹(TANAKA YUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UN133 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では,さまざまな心理療法の理論と方法について学ぶ。おもに認知行動療法の理論モデルや介入技法の特徴について学ぶ。また同時に,公認心理師と臨床心理士に求められる「かかわり」の基本的態度や留意点についても理解することを目的とする。 
This class will deal mainly with cognitive behavioral therapy—especially the characteristics of intervention techniques that employ it as well as a theoretical model. Along with the above, students will also gain an understanding of the basic attitude, manner, and attentiveness expected of certified clinical psychologists as they relate to clients. 
授業の
内容
Course
Contents
前半は,ロールプレイを通じて,臨床心理士としての「かかわり」の基本的態度を身に着けていく。また力動論やその他の心理療法の理論と方法についても解説する。後半は,認知行動療法の理論や介入技法について, 具体的な方法を学んでいく。特に基本的な介入については、事例をもとに具体的な方略を検討し、話し合いを行う予定である。 さらに,心理に関する相談、助言、指導等に,力動論,認知行動療法,その他の心理療法をどのように応用していくか,心理に関する支援を要する者の特性や状況に応じた適切な支援方法の選択・調整についても解説する。 
During the first half, students will come to understand the basic attitude and manner expected of certified clinical psychologists as they relate to clients. During the latter half, students will learn about cognitive behavioral therapy, the theory behind it, and specific intervention techniques that employ it. For basic interventions especially, the strategies used in actual cases will be examined and discussed. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション,面接の基本的態度,心理療法概論 
2. 認知行動療法の基本① 学習理論 
3. 認知行動療法の基本② 認知理論 
4. 認知行動療法の基本③ アセスメントとケース・フォーミレーション  
5. 認知行動療法の技法① エクスポージャー,暴露反応妨害法 
6. 認知行動療法の技法②  認知再構成法 
7. 小まとめ 
8. 認知行動療法の技法③ 機能分析と分化強化,セルフモニタリング 
9. 認知行動療法の技法④ 行動活性化と価値の明確化 
10. 認知行動療法の技法⑤ マインドフルネス 
11. 個人に対する認知行動療法の実践(うつ病や不安症,睡眠障害を例に) 
12. 集団認知行動療法の実践(アディクションや触法行為を例に) 
13. コミュニティにおける認知行動療法の実践(スクールカウンセラーの活動を例に) 
14. エビデンス・ベースト・プラクティスの展開,まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習として,学術雑誌や書籍をレジュメにまとめることもある。また,それらを講義内に発表し,ディスカッションを行う場合もある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席と課題への取り組み(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 山上敏子  方法としての行動療法   金剛出版     
2. 鈴木伸一、神村栄一  実践家のための認知行動療法テクニックガイド   北大路書房     
3. ランメロ,J他  臨床行動分析のABC   日本評論社     
その他(Others)
その他は講義内に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP