シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UP365/映像身体学特殊演習5
(Advanced Seminar on Body Expression and Cinematic Arts 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
『老子』を読む 
担当者 (Instructor) 加藤 千恵(KATO CHIE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC5320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UP365 



授業の
目標
Course
Objectives
『老子』の代表的な章を講読し、理解を深める。 
This course aims for students to read and promote their understanding of representative chapters from the Tao Te Ching. 
授業の
内容
Course
Contents
 『老子』は、著者も成立年代もはっきりしない、たった五千字という短い文章なのに、中国古典のなかで最も多くの注釈書が作られてきた名著であり、戦術家、為政者、庶民、不死を目指す者、だれが覗いても、その人に応じて進むべき道を映し出してくれる鏡のようなところのある、じつに不思議な書である。この『老子』のなかから代表的な章を選んで講読し、「水」のごとく、「雌」のごとく、「嬰児」のごとくあれ、というその内容から、中国人がいかに世界や歴史、そして身体をとらえようとしていたのかを、他の思想と比較しながら考察する。
 授業は担当者の報告と全員の意見交換によって進めてゆく。担当者は担当箇所を精読して、必要に応じて調べ、授業時に口頭で解説する。 
The Tao Te Ching is a text of only 5,000 characters, with its authorship and date of composition debated. However, it is the most commented upon masterpiece of Chinese literature, a mysterious work that reflects, like a mirror, a path that any person, be it a warrior, a politician, a commoner, or anyone aiming to achieve immortality, should follow. Students read representative chapters from the "Tao Te Ching" to learn how Chinese people perceived the world, history, and the body through the content of "like water, like females, like babies," while also comparing it with other ideas.
 The course requires a report from the person in charge of the day, and then the entire class exchanges opinions. The person in charge carefully reads the assigned part, does research if necessary, and orally explains it to the other students. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 『老子』講読 道とは 
3. 『老子』講読 最高の善は水のよう 
4. 『老子』講読 玄牝―根源のメス 
5. 『老子』講読 無用の用 
6. 『老子』講読 嬰児への復帰 
7. 『老子』講読 美や善は絶対か 
8. 『老子』講読 学を絶てば憂い無し 
9. 『老子』講読 無為の政治 
10. 『老子』講読 大器晩成 
11. 『老子』講読 ユートピア論 
12. 『老子』講読 足るを知る 
13. 『老子』講読 柔弱は剛強に勝つ 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回指定した章を精読してくる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容および授業参加への積極的な態度(70%) 、授業最終日に提出する小レポート(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 金谷治  『老子』   講談社  1997  4-06-159278-5 
その他(Others)
参考文献
Readings
初回に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP