シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VD305/コミュニティ政策研究5
(Studies in community development and social policy 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
コミュニティ・エンパワーメントとは何か 
担当者 (Instructor) 藤井 敦史(FUJII ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD305 



授業の
目標
Course
Objectives
社会的排除問題が深刻化する中で,コミュニティをどのように再生し,エンパワーメントしていくことが可能なのか,英国のコミュニティ開発論,日英の社会的企業の事例から学んでいく。 
We will learn from British community development theory and case studies of Japanese and English social enterprises, within the context of deepening problems of societal exclusion how to revitalize communities and whether empowerment is possible. 
授業の
内容
Course
Contents
今日,社会的排除を解決する社会的包摂の主体として,社会的企業が注目を集めている。しかし,社会的企業は,単に「ビジネスで社会問題を解決する」組織ではなく,基盤には,市民社会を基盤とした連帯的な経済が存在している。そうした社会的企業について,英国や日本の事例を中心に検討しながら,彼等のコミュニティ・エンパワーメントの手法や今日抱えている課題について考察する。 
Today, social enterprises are the focus of attention as the main vehicle of social inclusion as a means of solving social exclusion problems. However, social enterprises are not simply “businesses that solve social problems”; at their foundation is an inclusive economics whose foundation is civic society. While looking at case studies of such social enterprises in Great Britain and Japan, we will examine the methods they employ for community empowerment and the contemporary issues they face. 
授業計画
Course
Schedule
1. コミュニティとは何か 
2. NPOによるコミュニティ形成の特徴 
3. M. Taylorによるコミュニティ開発論①コミュニティ開発とは何か 
4. M. Taylorによるコミュニティ開発論②社会的排除―コミュニティ開発の前提― 
5. M. Taylorによるコミュニティ開発論③コミュニティ開発とソーシャル・キャピタル 
6. M. Taylorによるコミュニティ開発論④社会的企業によるコミュニティ開発 
7. M. Taylorによるコミュニティ開発論⑤コミュニティ開発と政策 
8. M. Taylorによるコミュニティ開発論⑥コミュニティ・エンパワーメント 
9. M. Boltonによるコミュニティ・オーガナイジング論①パワーをどう捉えるか 
10. M. Boltonによるコミュニティ・オーガナイジング論①自己利益を見出す 
11. M. Boltonによるコミュニティ・オーガナイジング論①イシューへの分解と戦略 
12. 参加者によるオリジナル報告① 
13. 参加者によるオリジナル報告② 
14. 全体のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
社会的企業による地域再生や社会的包摂の可能性や課題について検討するために,まずは拙著やM.テイラーによるコミュニティ開発論等の文献を輪読していく。参加者のオリジナル報告も適宜入れながら進めていきたい。学外で社会的企業研究会という研究会も主催しているので,そちらも是非参加して頂けると良いと思う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業での報告(70%) 、授業への出席および授業参加度(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Gilchrist, A. and Taylor, M.   The Short Guide to Community Development   Policy Press  2011   
2. 藤井敦史・原田晃樹・大高研道編  『闘う社会的企業』   勁草書房  2013   
3. Bolton, M.   How to Resist   Bloomsbury  2017   
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 原田晃樹・藤井敦史・松井真理子  『NPO再構築への道』   勁草書房  2010   
2. 坂田周一監修・浅井春夫・三本松政之・濁川編  『新・コミュニティ福祉学入門』   有斐閣  2013   
その他(Others)
Taylor, M. Public Policy in the Community (2nd edition)は邦訳本があるので、そちらを参考にすることができます。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
社会的企業研究会のHP
https://sse.jp.net/
アジア太平洋資料センター(PARC)のHP
http://www.parc-jp.org/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP