シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VD351/福祉人間学研究1
(Studies in humanities and welfare 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
生命倫理、環境倫理を通して学ぶ持続可能な暮らし 
担当者 (Instructor) 空閑 厚樹(KUGA ATSUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD351 



授業の
目標
Course
Objectives
生命倫理、環境倫理の基礎概念、主要論点を学んだ上で持続可能な暮らしの視点からそれぞれの主要論点を検討する。受講生各自の研究テーマと関連付けて議論を行う。 
After learning the basic concepts of bioethics, environmental ethics and major issues, the students examine each major issues from the viewpoint of sustainable living. Discuss with each student's research theme. 
授業の
内容
Course
Contents
生命倫理、環境倫理の基礎概念、主要論点を日本語で学んだ後、その双方に関わる論文(英文)を講読する。その上で持続可能な暮らしに実践についての資料(和文献、英文献)を検討した後に、生命倫理、環境倫理の主要論点について議論する。 
After studying the basic concepts of bioethics, environmental ethics, major issues in Japanese, the students read papers related to both of them in English. After that, we discuss materials (in Japanese and English) on practices on sustainable living and discuss key points of bioethics and environmental ethics. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 生命倫理の基礎概念(1) 
3. 生命倫理の基礎概念(2) 
4. 生命倫理の主要論点(1) 
5. 生命倫理の主要論点(2) 
6. 環境倫理の基礎概念(1) 
7. 環境倫理の基礎概念(2) 
8. 環境倫理の主要論点(1) 
9. 環境倫理の主要論点(2) 
10. 持続可能な暮らしの実践(1) 
11. 持続可能な暮らしの実践(2) 
12. 生命倫理と環境倫理の架橋(1) 
13. 生命倫理と環境倫理の架橋(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
小松美彦, 香川知晶編著『メタバイオエシックスの構築へ : 生命倫理を問いなおす』 (池袋図書館所蔵)の序章を読んでおくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、出席および授業参加度(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
Cheryl Cox Macpherson, 2013, Climate Change is a Bioethics Problem, Bioethics, 27(6).
JAMES DWYER, 2009, HOW TO CONNECT BIOETHICS AND ENVIRONMENTAL ETHICS: HEALTH, SUSTAINABILITY, AND JUSTICE, Bioethics, 23(9). 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP