シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VD7**/研究指導2
(Seminar for master's thesis 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 専任教員(FULL TIME TEACHER)  
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester)    
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH6620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD721 



授業の
目標
Course
Objectives
先行研究資料の収集と論文の骨子を形作る。  
Gather pre-research materials and set down the framework of a thesis paper.  
授業の
内容
Course
Contents
入学当初から半年間は、課程主任が担当する「研究基礎」において、研究の基礎的な手法やテーマ選定の方法等を学び、院生個別の研究課題について助言を行う。それを経た後に、1年次秋学期に指導教員を定めて行う研究指導1が開始される。 以後、2年次修了までの期間を半期ごとに、研究指導2、研究指導3と分けて、段階的に進める。 研究テーマに関する基礎文献および先行研究のレビューを前提に、自らの修士論文執筆の基本的枠組みの構想の方法や論文の論理的構成の方法などを身につけながら、研究テーマの設定から研究の完成に至るプロセスを進行させる。 研究指導2は、主として先行研究の資料収集、および論文の骨子作りの指導を行う。 
For the first 6 months after enrollment, you will learn fundamental research methods, how to select a theme and receive personalized advice about research topics in the Basic seminar for master’s thesis run by the head of the master’s program. After completing this, Research Instruction 1 begins in the first fall semester where you will choose an advisor. From then on until completion of your second year, you will progress in stages each semester through Research Instruction 2 and Research Instruction 3. While learning how to plan the basic framework for writing your master’s thesis and how to logically structure your thesis, with the fundamental literature and advance research review for your research theme as background, you will advance through the process from setting your research theme to completion. Research Instruction 2 consists mainly of instruction in gathering advance material for research and setting the framework for your thesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 研究の中心的テーマの確認(1)  
3. 研究の中心的テーマの確認(2)  
4. 先行文献の収集と報告(1)  
5. 先行文献の収集と報告(2)  
6. 先行文献の収集と報告(3)  
7. 論文構成の検討(1)  
8. 論文構成の検討(2)  
9. 論文構成の検討(3)  
10. 論文タイトルの検討(1)  
11. 論文タイトルの検討(2)  
12. 修士論文中間構想発表会に向けての論点確認 (1)  
13. 修士論文中間構想発表会に向けての論点確認 (2)  
14. 修士論文中間構想発表会の構想と報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
メール及びBlackboardを通じて指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究指導への出席および授業参加度(100%)
テキスト
Textbooks
必要に応じて担当教員が指示する。
参考文献
Readings
必要に応じて担当教員が指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP