シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG761/修了研究A
(Study of Master's Thesis A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 手塚 貞治(TEZUKA SADAHARU) 
時間割 (Class Schedule)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者対象/「その他」登録 
テキスト用コード (Text Code) VG761 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文の完成を目的とする 
The goal is to complete a master’s academic paper. 
授業の
内容
Course
Contents
各自の問題意識をもとにテーマ設定を行い、その後先行研究等を調査することによって研究課題を具体化していく。授業の進め方は、各自の発表をもとに参加者全員での討議を行っていく。
 
Based on your own awareness of the problem, you will set a theme, after that, research themes will be created through conducting investigations on research on prior research, etc. The class will proceed though discussions by all participants based on their own presentations.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 修了研究の全体像 
3. テーマ設定に関する発表と討議① 
4. テーマ設定に関する発表と討議② 
5. テーマ設定に関する発表と討議③ 
6. テーマ設定に関する発表と討議④ 
7. 先行事例・研究に関する発表と討議① 
8. 先行事例・研究に関する発表と討議② 
9. 先行事例・研究に関する発表と討議③ 
10. 先行事例・研究に関する発表と討議④ 
11. 研究課題に関する発表と討議① 
12. 研究課題に関する発表と討議② 
13. 研究課題に関する発表と討議③ 
14. 研究課題に関する発表と討議④ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間では各自の発表及び討議を行うために、各自の調査研究は授業時間外に実施すること。ビジネスデザインの場合は先行事例・業界環境の調査、ビジネスリサーチの場合は先行研究の調査も実施する必要がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(50%) 、出席及び取組状況(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 手塚貞治  『「事業計画書」作成講座』   日本実業出版社  2018  4534056338 
2. 明石芳彦  『社会科学系論文の書き方』   ミネルヴァ書房  2018  4623083799 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本授業は、担当者発表及び全参加者での討議によって実施する。 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP