シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL238/コーポレート・ストラテジー4
(Corporate Strategy 4) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 手塚 貞治(TEZUKA SADAHARU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期2 (Fall Semester 2) 土曜日(Sat) 3時限(Period 3) オンライン
秋学期2 (Fall Semester 2) 土曜日(Sat) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL238 



授業の
目標
Course
Objectives
経営戦略の今日テーマについて網羅的に把握し、スキルとして活用可能な形とする。 
We will comprehensively grasp the theme of today's management strategy and craft it into a form that can be utilized as a skill. 
授業の
内容
Course
Contents
VUCA(Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧))の時代と言われる今日では、不確実性のなかでイノベーションを起こし続けることが求められており、従来型戦略論の限界も指摘されている。本講義では、コラボレーション(例:ビジネスエコシステム)や未来創造(例:シナリオプランニング)など、現在進行形のテーマを俯瞰的に紹介する。そのうえでビジネスモデル論について事例を交えて詳細に検討し、最後には演習としてビジネスモデル作成を実施する。なお、参加者の状況によって変更の可能性もある。 
In the era of today’s VUCA, volatility, uncertainty, complexity, and ambiguity, there is a need to keep innovating amid the uncertainty, and the limitations of traditional strategy theories are also pointed out. In this lecture, we will comprehensively introduce themes of current ongoing progress, such as collaboration (example: business ecosystem) and future creation (example: scenario planning), etc. Then, the business model theory will be examined in detail with examples, and finally, business model development will be implemented as a seminar. In addition, there is also the possibility of a change depending on the situations of the participants. 
授業計画
Course
Schedule
1. イノベーションとは 
2. イノベーションの類型 
3. 企業間連携① 
4. 企業間連携② 
5. 未来創造① 
6. 未来創造② 
7. デザイン思考① 
8. デザイン思考② 
9. ビジネスモデル① 
10. ビジネスモデル② 
11. ビジネスモデルの収益構造 
12. ビジネスモデル演習① 
13. ビジネスモデル演習② 
14. 発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート取組状況(50%) 、演習取組状況(50%)
テキスト
Textbooks
授業にて適宜資料を配付する
参考文献
Readings
授業にて適宜案内する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本講はコーポレート・ストラテジー3の内容を理解していることが望ましい。 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP