シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM124/社会デザイン学特殊研究24
(Special Study:Social Design 24) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(プラットフォームと社会デザイン) 
担当者 (Instructor) 長坂 俊成(NAGASAKA TOSHINARI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) G5時限(Period G5)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM124 



授業の
目標
Course
Objectives
成熟化、多様化、個人化、不平等化が進展する現代社会において協働・共生社会を実現するソーシャルプラットフォームへの期待が高まりつつある。授業では、ビジネスモデルにおけるプラットフォームの戦略と方法ならびに情報共有基盤としての情報プラットフォームの動向を踏まえつつ、社会デザインの視点から、社会的課題を解決し協働・共生社会を実現するためのソーシャルプラットフォームの概念と戦略・方法、ガバナンスについて理解する。 
New platforms are emerging for collaboration between diverse actors. The aim of this course is to understand concepts and practices of collaborative platforms including information-sharing platforms in business and social domains. In this course, students are expeceted to be able to analyze the relationship between national and local governments and public-private partnerships on proactive measures and disaster responses.  
授業の
内容
Course
Contents
講義では、ビジネスモデルとしてのプラットフォームと、協働・共生社会の実現を支えるソーシャルプラットフォームの戦略と方法について比較考察する。また、情報共有基盤としての情報プラットフォームの技術動向を踏まえ、ソーシャルプラットフォームに関する事例研究を実施する。さらに、自ら解決すべき具体的な課題を設定し、社会デザインの視点からソーシャルプラットフォームと情報プラットフォームを統合してデザインし発表・討論する。 
This course deals with the following case studies: social business, crowdfunding, disaster volunteering, peer support, and digital archiving. Students are expected to design, present, and discuss on new platforms, with a view toward a collaborative and inclusive society.  
授業計画
Course
Schedule
1. 総説:ウェルビーイングを実現するプラットフォーム-社会デザインの視点から 
2. ビジネスモデルにおけるプラットフォームの戦略と方法
[キーワード]市場、場、インフラ、仲介、交換、アライアンス、クラスター、マッチング、ネットワーク、ハブ、ノード、サービス連携、ワンストップ、競争優位、価値創造、インキュベーション、eコマース、電子決済、マイレージ 
3. 協働・共生社会を支えるソーシャルプラットフォームの戦略と方法
[キーワード]シェア、ナレッジマネジメント、課題解決、専門知と市民知、市民活動、参加、協働、公民パートナーシップ、社会的起業、コミュニティ、ネットワーク、ソーシャルキャピタル、自治、ガバナンス、補完性、当事者性、共生、支援、相互支援、中間支援、ボランティア、プロボノ、多職種連携、救済、検証、共助、ピアサポート、サードプレイス、コモンズ、地域ポータル、ファンドレイジング、ふるさと納税 
4. 情報ネットワーク社会と情報共有基盤としての情報プラットフォーム
[キーワード]オープン性、オープンデータ、相互作用性、公共性、官民連携、Webサービス連携、マッシュアップ、ビッグデータ、API、標準インタフェース、メタデータとクリアリングハウス、ポータルサイト、地域メディア、アグリゲーター、アーカイブ、権利処理、パブリックドメイン、SNS、Web-GIS、位置情報サービス、動画共有サイト、Web-ラジオ、寄付サイト、クラウドファンディング、IoT、ネットゲーム 
5. ケーススタディー(1)社会的起業支援とプラットフォーム 
6. ケーススタディー(2)クラウドファンディング・寄付とプラットフォーム 
7. ケーススタディー(3)災害救援とプラットフォーム 
8. ケーススタディー(4)共生社会・ピアサポートとプラットフォーム 
9. 発表と討論(1)第7回の授業までに各自発表テーマを設定し、社会デザインの視点からプラットフォームをデザインする。第9〜13回の授業で発表し他の授業参加者、担当教員と討論する。 
10. 発表と討論(2) 〃 
11. 発表と討論(3) 〃 
12. 発表と討論(4) 〃 
13. 発表と討論(5) 〃 
14. 総括:社会デザインから観たプラットフォームの将来 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
上記の項目を相互に関連づけて理解を深めるため順序を変更する場合がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への積極的参加(100%)
備考(Notes)
授業で指示するレポートと発表・討論によって評価する。
テキスト
Textbooks
なし。授業内にレジュメ、資料を配布する。また、授業に授業内に必要なWebサイトを指示する。
参考文献
Readings
授業時に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP