シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM361/コミュニティデザイン学演習61
(Practical Application:Community Design 61) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(ドキュメンタリーと社会デザイン1) 
担当者 (Instructor) 宮本 聖二(MIYAMOTO SEIJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) G5時限(Period G5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM361 



授業の
目標
Course
Objectives
社会デザインの実践的手法としてドキュメンタリー制作を行います。自らの周囲で気付いた「社会課題」や「課題解決に資する動き」などを見つけ、取材、撮影して映像コンテンツにして可視化。そのコンテンツを視聴することで社会課題を多くの人々と共有し、課題解決に踏み出す動きを作ることを目標にします。特にみなさんの専門領域や修論の主題やリサーチクエスチョンに関わるテーマにも取り組むことを勧めます。 
Students will make documentaries as a practical method of social design. Students will find "social issues" and "movements that help solve the issues" that they have noticed around themselves, collect data, film, and visualize the issues as video content. The goal is to share the social issues with many people by showing the content and to create a movement to solve the issues. 
授業の
内容
Course
Contents
企画から取材、構成、撮影、インタビュー、編集、ナレーション等制作に関する一連の理論と技法を学びます。授業の方法としては、理論に関する講義と先行ドキュメンタリーの事例研究、ビデオ カメラ・編集機材を使用した実技演習を行います。授業内に実施する実技演習では、グループに分かれ取材・撮影を行い、作品を制作します。希望者を対象に、休日等を利用して地域取材のフィールドワークを実施することにします。 
Students will learn a series of theories and techniques on planning, collecting data, composition, filming, interviewing, editing, and narration, etc. The course will be based on lectures on theory and case studies of existing documentaries, and practical exercises using video cameras and editing equipment will be conducted. In the practical exercises that will be carried out in the course, students will be divided into groups to collect data, film, and produce works. Students who wish will carry out fieldwork for regional data collection during their holidays and other time. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会デザイン手法としての地域ドキュメンタリー学 
2. 課題発見のための一時取材手法 
3. 企画提案の手法 
4. 制作のための取材手法 
5. ドキュメンタリーの構成(基礎理論) 
6. ドキュメンタリーの構成(先行ドキュメンタリー事例研究) 
7. 企画意図と撮影手法(理論) 
8. 企画意図と撮影手法(実技演習) 
9. 映像編集(理論) 
10. 塩蔵編集(実技) 
11. ナレーション原稿作成 
12. ナレーションの収録と編集 
13. 字幕編集と仕上げ 
14. 発表と討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
撮影や編集を授業時間外に行うことがあります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、企画書提出と発表(20%) 、構成表の作成と発表(20%) 、授業内での発表と議論参加(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP