シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM367/コミュニティデザイン学演習67
(Practical Application:Community Design 67) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(メディア研究方法論) 
担当者 (Instructor) 宮本 聖二(MIYAMOTO SEIJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) G5時限(Period G5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM367 



授業の
目標
Course
Objectives
過去から現在に至るメディアをめぐる変化を俯瞰しながら、今や若者を中心に情報やニュースの摂取の場となっているネット、そして映像に焦点を当ててこれからの私たちの社会とメディアとの関わりを考察します。
 情報を摂取するメディアが、新聞・テレビといった「レガシーメディア」から、ネットポータルにシフト。映像視聴も、若い世代を中心にテレビ離れが進み配信サービスに移り、デバイスもスマホとタブレットに代わりつつあります。きめ細かい取材ネットワークを持つ地方新聞は部数の減少に直面し、いわば権力監視や取材・課題発見のインフラが弱体化するのではないかという懸念があります。
 さらに、ネット空間ではSNSやまとめサイトからフェイクニュースやヘイトの言説が溢れ出し、人々をつなぐと期待されてきたメディアが分断や排除を生み出す時代ともなっています。
 こうしたメディア状況の変化を確認しながら、私たちの社会にとってより良いメディアのあり方を探ります。また、授業の中でフェイクニュースへのカウンターとしてファクトチェック の実習をワークショップ形式で行います。より良いメディアリテラシーを獲得しメディアを主体的に活用できるようにします。
 
Focusing on the internet, which is now the place for information and news, centered on young people, and videos, while considering changes in the media from the past to the present, students will think about our future society and its relationship with the media.
 Media from which we obtain information is shifting from "legacy media" such as newspapers and television to net portals. As for viewing and listening to video, the younger generation is moving away from television, and shifting to distribution services, and devices are changing to smartphones and tablets. Local newspapers with detailed data collection networks face a decrease in sales, and there is a concern that the infrastructure for monitoring political power, collecting data, and discovering problems may be weakening.
 Furthermore, in the internet space, fake news and hate speech overflows from social media and summary sites, and it is a time when media, that is expected to connect people, is creating division and exclusion.
 While looking at these changes in the media situation, we will seek a better kind of media for our society. In addition, we will practice fact checking as a counter to fake news in class in a workshop format. Students will acquire better media literacy and will become able to proactively use media.
 
授業の
内容
Course
Contents
 ネットやDVDでの映像コンテンツの視聴や紙面で映画、テレビ、ネットと映像メディアのたどった歴史を把握します。そして、ネットやSNSのメディア化、映像プラットフォーム化が何をもたらしているのかを確認しながら、表現の自由とフェイク、ヘイトなどの現代の課題について発表や議論で進めて行きます。 
Students will understand the history of movies, television, internet and video media by watching video contents on the internet or DVD and reading articles on paper. We will conduct presentations and discussions on contemporary issues such as freedom of expression, fake news, and hate speech while looking at what the media and video platformization of the internet and social media have brought about. 
授業計画
Course
Schedule
1. メディアと現代社会 
2. 戦争報道が伸ばした新聞 
3. 映画の誕生・映像が距離をなくした 
4. 映像の時代〜ニュース映画の誕生〜 太平洋戦争への道をどう紡いだのか 当局の検閲と指導
「日本ニュース」が伝えた1940年〜1941年 
5. 新聞とプロパガンダ  一県一紙によって完成した統制 
6. 戦後のメディア ラジオからテレビへ   NHKと民放 公共放送と広告によるビジネスモデル 
7. ドキュメンタリーの誕生 映像は真実を伝えるのか   抜け落ちる「加害」の事実「カラーで伝える太平洋戦争」(NHKスペシャル) 
8. インターネットとレガシーメディア(新聞と放送) 
9. 地方メディアの取材力をどう維持するのか 
10. SNSはメディアか  フェイクとヘイト 規制とメディリテラシー ファクトチェック 
11. メディアと人権 実名報道をめぐる考察 
12. 公共放送はどうあるべきか   NHKのあり方とガバナンス、放送から同時送信、ネット展開まで 
13. 社会課題とメディア 
14. まとめ(ラジオ番組の企画検討) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外にコンテンツを視聴することがありえます。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(20%) 、発表(40%) 、議論への参加(20%) 、リアクションペーパー(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 前坂俊之  太平洋戦争と新聞   講談社  2007  978-4-06-159817-1 
2. 辻泰明  映像メディア論   和泉書院  2016  978-4-7576-0812-2 
3. 林香里  メディア不信   岩波書店  2017  9784004316855 
4. 立岩陽一郎  ファクトチェック とは何か   岩波書店  2018  9784002709826 
5. 川端和治  放送の自由   岩波の自由  2019  9784004318101 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
参照すべきHPやネットメディアのURLは随時指示します。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP