シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM492/グローバル・リスクガバナンス演習42
(Practical Application:Global Governance-Risk Governance 42) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(避難生活の社会デザイン) 
担当者 (Instructor) 長坂 俊成(NAGASAKA TOSHINARI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) G6時限(Period G6)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「VM451~495」 : 21世紀社会デザイン研究科前期課程2015年度以降入学者対象科目
※同前期課程2014年度以前入学者は「VM401~445」(同一科目)を履修すること
※同前期課程以外の学生は「VM451~495」を履修すること 
テキスト用コード (Text Code) VM492 



授業の
目標
Course
Objectives
本授業は、災害レジリエンス、リスクガバナンスの視点から、自然災害によって住居を失った被災者に対する避難生活支援について、現行制度とその運用上の課題を分析し、公民連携による新たな避難生活支援の在り方について考究する。 
The aims of this course are to understand support policies for victims who have lost their homes because of natural disasters. In particular, this course focuses on understanding the relevant supply and storage systems for evacuation shelters, temporary housing, and permanent public housing  
授業の
内容
Course
Contents
授業では資料や文献等に基づき被災者支援制度を体系的にレビューする。その上で実務家をゲストスピーカーとして招聘し、過去の災害対策の事例分析を通じて、避難所、福祉避難所、応急仮設住宅居、福祉型仮設グループホーム、本設の災害公営住宅等の供給方式やQOL、運用上の課題、社会的備蓄等の課題と解決策を検討する。事例分析の結果各自授業内小レポートとしてまとめ発表し討論する。 
Students are expected to design supply and storage methods for temporary housing through the workshop.
This course deals with the following case studies:
・Quality of life in shelters;
・Disaster shelter for people with disabilities;
・Temporary housing supply system, including construction, lease of existing houses, moving house, and trailer houses; and
・Increasing the stock of mobile temporary housing by public-private partnership.
All students are expected to discuss the presentations on actual cases. Students are required to submit two small papers in this course.  
授業計画
Course
Schedule
1. 総論:災害救助と避難生活支援 
2. 現行の被災者支援制度の概要と課題 
3. 事例分析1:避難所、福祉避難所に関する制度概要、実態と課題 
4. 事例分析2:応急仮設住宅に関する制度概要、実態と課題 
5. 事例分析3:災害公営住宅に関する制度概要、実態と課題 
6. 事例分析4:住宅の自力再建とその支援 
7. 事例分析5:避難生活とコミュニティ 
8. 事例分析6:避難生活支援とボランティア・プロボノ 
9. 事例分析7:避難生活支援と専門職(保健、医療、福祉、法律職等)、ソーシャルワーク 
10. 事例分析8:公民協働による応急仮設住宅の社会的備蓄と地方創生 
11. 発表と討論1 
12. 発表と討論2 
13. 発表と討論3 
14. 総括: 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
希望者には陸前高田グローバルキャンパス内の応急仮設住宅(移動式木造住宅)での宿泊体験を実施する(授業評価対象外)。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
企画書・構成表(50%) 、提出作品(50%)
備考(Notes)
授業内の発表と小レポート2本の内容で平常点を評価する。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業内で適宜、参考文献や資料のコピーを配布する。ほぼ毎回、関連映像資料を上映する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1 ムービングハウス 広報資料PDFファイル
 http://www.platform.or.jp/fbox.php?eid=13095
2 ムービングハウス 広報用動画
  https://www.youtube.com/watch?v=yo4ri3nBQyc
3 北海道胆振東部地震 応急仮設住宅アンケート調査結果概要
  http://www.platform.or.jp/fbox.php?eid=13098
3 茨城県境町 モバイルオフグリッド防災のための個人版ふるさと納税を
   活用したクラウドファンディング
 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP