シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM524/比較組織ネットワーク学集中演習4A
(Practical Application:Comparative Study of Network & Social Organization 4A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(コミュニティデザイン学方法論2A) 
担当者 (Instructor) 宮本 聖二(MIYAMOTO SEIJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 6時限(Period 6)  
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM524 



授業の
目標
Course
Objectives
ゼミ形式で、発表、報告、討論で各自の研究を深めていく。また、フィールド調査やインタビューの過程で報道取材や撮影の手法を使うことも取り入れる。 
In the seminar format, students will deepen their own research through presentations, reports and discussions. We will also incorporate the use of media coverage and filming techniques into the field surveys and interviews. 
授業の
内容
Course
Contents
社会デザイン領域においてあるいは自身の周囲において解決の必要な課題であると認識するテーマを選び、調査・研究を行う。修士論文・研究報告書に作成に向けて、個人もしくはグループで研究を進める。また、講師の専門領域である映像やメディア、デジタルアーカイブなどの手法を生かしてテーマについて新たな表現や伝え方も工夫する。 
Students will select a theme that they consider to be a problem that needs to be solved in social design or in their surrounding environment, and conduct a survey and research. Students will advance their research individually or in groups toward preparation of a master's thesis or research report. In addition, students will devise new ways of expressing and conveying themes by making use of techniques such as videos, media, and digital archives, which are the specialized areas of the lecturer. 
授業計画
Course
Schedule
1. 各自の研究や関心テーマの発表 
2. 受講生間の議論 
3. 発表と議論 
4. 研究指導 
5. 研究指導 
6. 研究指導 
7. 研究指導 
8. 中間発表と議論 
9. 研究指導 
10. 研究指導 
11. 研究指導 
12. 研究指導 
13. 研究テーマの報告と発表、議論 
14. 研究テーマの発表と議論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
フィールドワークを行うことがあります。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(20%) 、発表(40%) 、報告書の提出(40%)
テキスト
Textbooks
随時指示します。
参考文献
Readings
随時指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
随時指示します。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP