シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM556/比較組織ネットワーク学集中演習6B
(Practical Application:Comparative Study of Network & Social Organization 6B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(グローバル・リスクガバナンス方法論1B) 
担当者 (Instructor) 長坂 俊成(NAGASAKA TOSHINARI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 6時限(Period 6) 6303(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 対面授業(詳細はhttps://spirit.rikkyo.ac.jp/academic_affairs/common/SitePages/stuinfo21.aspx掲載の対面授業実施科目一覧を確認のこと) 
テキスト用コード (Text Code) VM556 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文または研究報告書の作成に向けて、受講生が設定したテーマに基づき研究指導を行う。対象領域は主として、以下の研究領域とする。
リスク学、リスクガバナンス、リスクコミュニケーション、防災政策、危機管理、災害医療・福祉、放射性廃棄物、防災教育、災害情報、情報政策、オープンデータ、ソーシャルウェア、コミュニティガバナンス、地域プロデュース、デジタルアーカイブ、ワークスタイル、テレワーク、地方創生 
Students are expected to prepare their master's thesis or research report based on their research theme.  
授業の
内容
Course
Contents
ゼミ形式での論文の進捗報告と討論及び個別面談指導を行う。 
Students are expected to select and set the theme for their master's thesis or research report and conduct individual research under the guidance and advice of the faculty. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究指導 
2. 研究指導 
3. 研究指導 
4. 研究指導 
5. 研究指導 
6. 研究指導 
7. 研究指導 
8. 研究指導 
9. 研究指導 
10. 研究指導 
11. 研究指導 
12. 研究指導 
13. 研究指導 
14. 研究指導 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミでの報告と討論への参加(100%)
テキスト
Textbooks
使用しない
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
使用しない 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP