シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VR436/意思決定の科学
(Science for Decision Making) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 吉川 厚(YOSHIKAWA ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
AIR5200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VR436 



授業の
目標
Course
Objectives
意思決定の方法論を学ぶと共に、人がどのようなエラーを起こすのかも併せて学ぶ 
The purpose of this course is to learn decision-making methodologies and apprehend the types of errors committed by people. 
授業の
内容
Course
Contents
ビジネスとモデルや技術の関係を理解し、意思決定に役立てるための方法論を学ぶ。ビジネスの対象が、生産した「モノ」から、人間の関与が深いサービスという「コト」に変化しつつある現状を取り扱う。その中で、サービス提供者や生産者としての意思決定、消費者や生活者としての意思決定、経営者としての意思決定というそれぞれ異なる立場での決定を俯瞰し、ビジネスモデル・社会モデルとの関係を解説する。 
This course deals with the progression from "things" to "thoughts." Students will understand the relationship between businesses and their models and between models and technologies. Moreover, students will learn how to make decisions. Among them, this course will overview decision-making by a service provider or producer; decision-making by a customer and a consumer; and decision making by a manager. The relationship between a business model and a social model will also be examined. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンスとイントロダクション 
2. 人はなぜ意思決定を誤るのか。事象を俯瞰する 
3. 様々な意思決定理論を概説し、理論的なカバーの範囲を知る 
4. 公正性と倫理の枠からの意思決定 
5. 社会的・組織的意思決定 
6. ビジネスモデルと社会モデル 
7. ステークホルダー毎の意思決定と、周知・広告の影響 
8. 事例研究I 
9. 事例研究II 
10. 事例研究III 
11. 事例研究IV 
12. AIを意思決定に入れる想定で、どのような研究をしたらよいか(1)研究方法論 
13. AIを意思決定に入れる想定で、どのような研究をしたらよいか(2)調査法 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に課せられる課題(主に、具体的事象に対して意思決定モデルを選択し、それを適用したシミュレーション)はBlackboardに提出のこと 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内で指示したレポート(60%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ダニエル・カーネマン  ファースト&スロー(上)(下)   早川書房  2014  4150504105 
2. ベイザーマン・ムーア  行動的意思決定論:バイアスの罠   白桃書房  2011   
3. ベイザーマン・テンブランセル  倫理の死角:なぜ人と企業は判断を誤るのか   NTT出版  2013   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
本講義は、ヂスカッション形式で行ったり、グループワークを行うアクティブラーニング形式を取る。レポートなどはほぼ毎回課す。最終レポートは、冒頭のガイダンスで示す。 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業です。 


PAGE TOP