シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VR752/特別研究2
(Research for Master's Thesis 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 内山 泰伸(UCHIYAMA YASUNOBU)
大西 立顕(OHNISHI TAKAAKI)
正田 備也(MASADA TOMONARI)
村上 祐子(MURAKAMI YUKO)
瀧 雅人(TAKI MASATO)
新田 徹(NITTA TOHRU)
三宅 陽一郎(MIYAKE YOUICHIROU)
(未定)
吉川 厚(YOSHIKAWA ATSUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 3単位(3 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
AIR6700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VR752 



授業の
目標
Course
Objectives
修士課程修了後に自ら研究・開発を進めていくための礎を作る。
各自が指導教員と協議して研究テーマを設定し、研究の計画立案から成果報告までを経験する
ことで、研究活動の進め方を学び、先端研究の現場を体感することを目標とする。
 
The purpose of this course is to lay the foundation for research and development. Students are expected to set their research theme in consultation with their supervisor and experience the process from research planning to reporting results. Students are expected to learn how to proceed with research activities and to experience the frontiers of advanced research. 
授業の
内容
Course
Contents
1年次の学生に対して各指導教員が研究指導を行う科目。先端的な専門知識や高度な情報収集力を獲得し、研究活動を通じて、問題解決能力やプレゼンテーション能力など総合的な研究遂行力を身につける。 
Each instructor provides research guidance to the first-year students. Students are expected to acquire advanced technical knowledge and advanced information gathering skills and also to acquire comprehensive research execution skills such as problem solving skills and presentation skills through research activities. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究状況の議論 
2. 研究手法の再検討1 
3. 研究手法の再検討2 
4. 研究の遂行1 
5. 研究の遂行2 
6. 研究の遂行3 
7. 研究の遂行4 
8. 中間報告 
9. 研究の遂行5 
10. 研究の遂行6 
11. 研究の遂行7 
12. 最終発表1 
13. 最終発表2 
14. 最終発表3 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究活動を推進するため、授業時間外の学習が必要となる。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度、プレゼンテーション、および研究成果(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP