シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VT001/異文化コミュニケーション研究1
(Seminar on Intercultural Communication Studies 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 武田 珂代子(TAKEDA KAYOKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester)    
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
 
使用言語
(Language)
 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VT001 



授業の
目標
Course
Objectives
異文化コミュニケーション研究に関する基礎的かつ入門的な知見を得ることを目的とする。 
To obtain basic and introductory knowledge about intercultural communication research. 
授業の
内容
Course
Contents
「異文化コミュニケーション研究とは何か」について導入的考察を図る。具体的には、異文化コミュニケーションに関する理論や概念、および研究方法を概観し、異文化コミュニケーション研究についての基礎的かつ入門的な知見を得ることを目指す。従来、異文化コミュニケーションの定義は、ある意味では狭義的になされてきたが、本講義では多様な視点からより包括的な捉え方を試みる。なお、講義計画は予定であり、具体的な日程など詳細については、第一回の授業で発表する。 
Students will acquire introductory knowledge of intercultural communication research. We will outline the theories, concepts and research methods related to intercultural communication. This class will consider multiple perspectives of intercultural communication research. Specific dates and details of the schedule will be provided in the first class.  
授業計画
Course
Schedule
1. 全員ガイダンス(1) 
2. 全員ガイダンス(2) 
3. 異文化コミュニケーション論(1) 
4. 異文化コミュニケーション論(2) 
5. 異文化コミュニケーション論(3) 
6. 異文化コミュニケーション論(4) 
7. 異文化コミュニケーション論(5) 
8. 異文化コミュニケーション論(6) 
9. 2年次生修士論文中間発表(1) 
10. 2年次生修士論文中間発表(2) 
11. 異文化コミュニケーション論(7) 
12. 異文化コミュニケーション論(8) 
13. 春学期まとめ(1) 
14. 春学期まとめ(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内容と自分の研究を総合したレポート(70%) 、授業参加度(30%)
テキスト
Textbooks
必要に応じて、教室で指示する。
参考文献
Readings
必要に応じて、教室で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
系統的履修
異文化コミュニケーション研究の基礎となる科目のため、原則として1年次に履修するものとする。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP