シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2020 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
WX123/研究指導
(Tutorial Session) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
臨床心理学研究
(Research of clinical psychology) 
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)     新座(Room)
単位 (Credit)  
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP7910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) WX123 



授業の
目標
Course
Objectives
臨床心理学的に意義のある研究テーマを設定し、教員の指導の下に個別研究を実施して、博士学位論文につながる研究成果をまとめられるようにすること。
臨床心理学の研究者として自立して研究を企画、実施し、論文としてまとめる能力を獲得すること。
臨床心理学の実践と理論の間の関係を熟知した上で、現場に還元できる研究を行なう能力を獲得すること。
臨床心理学における倫理性を踏まえ、支援を必要とする人と支援をする人の双方にとって意義ある研究を行なう能力を獲得すること。
臨床心理学の研究の発展に寄与する研究を行なう能力を獲得すること。 
授業の
内容
Course
Contents
博士論文とは何かについて考え、臨床心理学の理論と実践に研究が還元できることは何かを熟考する。研究テーマの検討、先行研究の検討、研究方法の倫理性の検討、博士論文の構成等の検討及び研究に関する指導・助言を行う。 
授業計画
Course
Schedule
1. 全体計画の策定、研究テーマの検討・絞り込み、先行研究に関する検討、研究方法についての検討などを行う。その後各自が研究の進捗について指導教員と副指導教員に報告し指導を受ける。半年に一度、専攻全体の教員が出席する研究進捗状況の報告会を実施し、多角的な指導を行う。 
2. 研究指導 
3. 研究指導 
4. 研究指導 
5. 研究指導 
6. 研究指導 
7. 研究指導 
8. 研究指導 
9. 研究進捗報告会 
10. 研究指導 
11. 研究指導 
12. 研究指導 
13. 研究指導 
14. 研究指導 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の研究テーマに関連する先行研究等の収集、臨床心理学的な実験、観察、調査などによる研究の実施、論文の執筆。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
年度ごとに指導教員と相談のうえ提出される「研究計画書」と,学期ごとに提出される「研究成果報告書」をもとに総合的な評価を行うものとする。
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP