シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/キリスト教学基礎演習 A1a
(Seminar in Basic Christian Studies A1a) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 阿部 善彦(ABE YOSHIHIKO)
加藤 磨珠枝(KATO MASUE)
加藤 喜之(KATO YOSHIYUKI)
ゾンターク,M(SONNTAG, MIRA)
長谷川 修一(HASEGAWA SHUICHI)
梅澤 弓子(UMEZAWA YUMIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHS2813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AA041 



授業の
目標
Course
Objectives
キリスト教学科の学びについて明確な指針をたてるため,各研究領域の内容,意義をしっかりと理解し今後の研究への具体的なアプローチ方法を学ぶ。 
In order to establish a clear guideline regarding learning at the Department of Christian Studies, you will develop a sound understanding of the contents and significance of each area of research and learn specific ways to approach your future research. 
授業の
内容
Course
Contents
授業では,キリスト教学科で学ぶことができる各研究領域について,具体的イメージをつかみ,その基礎知識を身につける。そこから自分の興味を発展させて,より具体的な研究テーマの設定を試み、「演習」に備える。 
In this class, you will gain a concrete picture of the various areas of research available at the Department of Christian Studies and acquire the basic knowledge thereof. Building upon the above, you will develop your interests and make an attempt to set a more specific research topic, and prepare for the Seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. キリスト教学の問題領域1
イントロダクション 予習課題の提示 
3. 予習課題にもとづく討議。
予習課題の提示 
4. 予習課題にもとづく討議。
まとめ課題の提示 
5. キリスト教学の問題領域2
イントロダクション 予習課題の提示 
6. 予習課題にもとづく討議。
予習課題の提示 
7. 予習課題にもとづく討議。
まとめ課題の提示 
8. キリスト教学の問題領域3
イントロダクション 予習課題の提示 
9. 予習課題にもとづく討議。
予習課題の提示 
10. 予習課題にもとづく討議。
まとめ課題の提示 
11. キリスト教学の問題領域4
イントロダクション 予習課題の提示 
12. 予習課題にもとづく討議。
予習課題の提示 
13. 予習課題にもとづく討議。
まとめ課題の提示 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各担当者の示す予習課題及びまとめ課題。

課題提出にあたってはMaster of Writingおよびテキストの『本を読む本』『論文の書き方』を参照。
Master of Writingは次のURLから入手可能(https://www.rikkyo.ac.jp/about/activities/fd/qo9edr0000005dbr-att/MasterofWritingMini.pdf
また発表に際してはMaster of Presentationを参照のこと。(https://www.rikkyo.ac.jp/about/activities/fd/qo9edr0000005dbr-att/MasterofPresentation.pdf
Blackboardを使用する。使用法でわからないことはメディアセンターに各自で問い合わせること。

また、Blackboardの「セルフラーニング」(https://bb.rikkyo.ac.jp/webapps/portal/execute/tabs/tabAction?tab_tab_group_id=_12_1)からはいって、「Study Skillコース」にある各コンテンツを各自実施しておくことがのぞましい。

当然のことであるがコピペや剽窃には厳しく対応する。
剽窃については次の動画を視聴しておくこと。
https://www.youtube.com/watch?v=IxM1e4W1S8I

そのほか、論文の書き方、学びの方法や考え方、資料収集について、以下の動画を視聴しておくこと。
https://www.youtube.com/watch?v=4PfymsKSA18
https://www.youtube.com/watch?v=FfIk29rA5Xs
https://www.youtube.com/watch?v=vy8Ca-5Xcig
https://www.youtube.com/watch?v=pjyJvtFjxJs
https://www.youtube.com/watch?v=UuDaiE0MtiE
https://www.youtube.com/watch?v=pjyJvtFjxJs 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内活動(予習復習提出物および授業内での討議への参加・発言の精度)(100%)
備考(Notes)
各担当者の指示をよく確認すること。Blackboardそのほか授業支援システムを使用する。使用法でわからないことはメディアセンターに各自で問い合わせること。当然のことであるがコピペや剽窃には厳しく対応する。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. アドラー  『本を読む本』   講談社  1997  978-4061592995 
2. 澤田和夫  『論文の書き方』   講談社  1977  978-4061581531 
3. 西原廉太ほか  『知の礎 原典で読むキリスト教』   聖公会出版  2006  978-4882741602 
4. エーコ  『論文作法-調査・研究・執筆の技術と手順-』   而立書房  1991  978-4880591452 
5. 西原廉太  『聖公会が大切にしてきたもの』   教文館  2016  978-4764261259 
その他(Others)
テキストの購入は各自の判断による。
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
なお授業内容は受講者の状況などによって変更される場合がある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP