シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/演習 A5
(Seminars A5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アジア・キリスト教史 
担当者 (Instructor) ゾンターク,M(SONNTAG,MIRA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHS3813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AA105 



授業の
目標
Course
Objectives
日本をはめめ、アジアにおけるキリスト教の歴史を省みて,そこに認められる政治・社会・文化的諸課題についての論点を整理し,理解を深める。 
Starting in Japan, we will examine the history of Christianity in Asia to identify political, social, and cultural issues in that history and deepen our understanding of them. 
授業の
内容
Course
Contents
前半では,アジア,とりわけ日本キリスト教史に関する文献(日本語・英語)を講読し,キリスト教の土着化の過程における諸課題を時期毎に明らかにする。2回目以降,履修者は4つのグループ(1.幕末期までのカトリック宣教史,2.明治・大正期のプロテスタント宣教史,3.戦時中のキリスト教, 4.戦後のキリスト教)に分かれ,グループ毎に担当する文献の紹介及びその文献に基づいた問題提起を行う。その後,各自の関心に応じて一つの研究テーマを見つけ出し,学期中に調査・分析を行って,コースの後半でその成果を発表する。全コースを通して発表後に討議の時間を設ける。初回の授業で発表の日程を決めるので,必ず出席すること。
履修者は,第1回の授業までに担当したい時期(上記参照)について決めておく。 
During the first half of the course, we will read through literature (in both Japanese and English) on the history of Christianity in Asia, especially in Japan, and identify problematic issues in each phase of the indigenization process of Christianity. For this purpose, you will form four groups (1. History of Catholic missionary work up to the late Tokugawa era; 2. History of Protestant missionary work in the Meiji and Taisho eras; 3. Christianity during the war; 4. Post-war Christianity) in the first class which introduce the literature chosen by the group and raise problems based on the literature. Then, each of you will find a individual research topic according to your interest, carry out research and analysis during the semester, and make a presentation on your findings in the second half of the course. Throughout the course, time for discussion will be arranged after each presentation. We will be deciding the presentation schedule in the first class, so make sure to attend. You should decide which era (see above) you would like to study by the first class. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション、グループ分け、担当確認 
2. 各グループの担当文献の紹介 
3. Aグループ: 幕末までのカトリック宣教史 
4. Bグループ: 明治・大正期のキリスト教 
5. Cグループ: 戦時下のキリスト教 
6. Dグループ: 戦後のキリスト教 
7. 個人研究発表 
8. 個人研究発表 
9. 個人研究発表 
10. 個人研究発表 
11. 個人研究発表 
12. 個人研究発表 
13. 個人研究発表 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・議論への参加状況(60%) 、複数回の発表(40%)
テキスト
Textbooks
授業時に提示する。
参考文献
Readings
必要に応じて提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP