シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/入門演習 G1h
(Introductory Seminars G1h) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI)
服部 佐智子(HATTORI SACHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 7204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS1810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC018 



授業の
目標
Course
Objectives
2年次から主体的に専門研究を進めるための基礎力養成を主眼とする。 
The primary focus is to foster basic skills for actively advancing specialized research from the second year. 
授業の
内容
Course
Contents
史学科に入学した学生が世界史・日本史・超域文化学の三専修それぞれの性格や初歩的内容にまんべんなく触れられるよう置かれた科目であり、卒業のための必修科目である。前半か後半のいずれかに、1~2クラスを組み合わせて情報リテラシーの演習を行う。授業は25人前後の少人数の演習形式をとり、担当教員の専門や個性を活かしておこなわれる。開講される入門演習の編成は、4月の史学科1年次ガイダンスで説明する。クラス・開講曜日及び時間についても、ガイダンスで確認すること。情報リテラシー演習の際の教室等については、別途指示するので、掲示に注意すること。登録方法は、自動登録である。 
As a compulsory subject required for graduation, this discipline is designed to allow students who have entered the Department of History to fully encounter the nature and rudimentary content of the three majors of world history, Japanese history, and interdisciplinary cultural studies. In either the first or the second half, the course will offer seminars in information literacy by combining one or two classes. Classes are small-member seminars with around 25 people, taking advantage of the specialization and personality of the instructor. The organization of the introductory seminars to be offered will be explained in the first year guidance of the Department of History in April. The class, the day of the week offered, and the time will also be notified in the guidance. Information about the classroom, etc. for the information literacy seminars will be provided separately on the bulletin board for attention. Automatic registration. 
授業計画
Course
Schedule
1. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(1) 
2. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(2) 
3. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(3) 
4. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(4) 
5. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(5) 
6. 第Ⅰクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(6) 
7. 講演会とそれを踏まえた質疑応答 
8. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(1) 
9. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(2) 
10. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(3) 
11. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(4) 
12. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(5) 
13. 第Ⅱクール:世界史・日本史・超域・情報リテラシーのいずれかに即した演習(6) 
14. 全体のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
担当の教員の指示に従うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および受講態度(80%) 、授業内提出物等(20%)
テキスト
Textbooks
講義中に指示する。
参考文献
Readings
講義中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP