シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 H2
(Seminars H2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
続日本紀輪読 
担当者 (Instructor) 深津 行徳(FUKATSU YUKINORI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 4255(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC126 



授業の
目標
Course
Objectives
続日本紀を輪読しながら,史料の読み方、日本古代史についての理解を深める。 
While engaging in group reading of the Shoku Nihongi, students will deepen their understanding of ancient Japanese history and methods for reading historical materials. 
授業の
内容
Course
Contents
続日本紀輪読。参加者に研究発表をしていただくことがありますので,授業内容は変更になることがあります。 
Group reading of Shoku Nihongi. As the class may ask participants to make presentations on their research, the content of the class is subject to change. 
授業計画
Course
Schedule
1. 成果発表会(1) 
2. 成果発表会(2) 
3. 成果発表会(3) 
4. 巻10神亀4〜天平2年(1) 
5. 巻10神亀4〜天平2年(2) 
6. 巻10神亀4〜天平2年(3) 
7. 巻10神亀4〜天平2年(4) 
8. 巻11天平3〜天平6年(1) 
9. 巻11天平3〜天平6年(2) 
10. 巻11天平3〜天平6年(3) 
11. 巻12天平6〜天平9年(1) 
12. 巻12天平6〜天平9年(2) 
13. 巻12天平6〜天平9年(3) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
レジュメ作成はグループ内で分担し、まとめたうえで、電子データで配布すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(50%) 、コメント(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1.   『続日本紀1』   岩波書店  1989  4002400123 
2.   『律令』   岩波書店  1976  9784000700030 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP