シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 H7
(Seminars H7) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本近代史ゼミ 
担当者 (Instructor) 小野沢 あかね(ONOZAWA AKANE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 4410(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC131 



授業の
目標
Course
Objectives
日本近代史に関する知識や研究方法を学ぶとともに、自らの研究課題を設定するための準備を行う。 
In addition to learning knowledge and research methods related to modern Japanese history, students will prepare for setting their own research subjects. 
授業の
内容
Course
Contents
日本近代史にかかわることを研究対象とする。授業では、民衆史・社会運動史・女性史などを含みこんだ日本近代史に関する基礎的な文献の講読を行い、講読に基づいた報告と議論を行う。授業内での意見発表や議論を重視するので、授業には必ず出席すること。 
The subject of research is modern Japanese history. In the class, students will engage in basic literature reading on modern Japanese history, including history of the common people, social movements, and women, and create reports and hold discussions based on the reading. As the classes emphasize discussions and presentations of opinions, the class attendance is a must. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 受講生による報告と議論(1) 
3. 受講生による報告と議論(2) 
4. 受講生による報告と議論(3) 
5. 受講生による報告と議論(4) 
6. 受講生による報告と議論(5) 
7. 受講生による報告と議論(6) 
8. 受講生による報告と議論(7) 
9. 受講生による報告と議論(8) 
10. 受講生による報告と議論(9) 
11. 受講生による報告と議論(10) 
12. 受講生による報告と議論(11) 
13. 受講生による報告と議論(12) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業で対象とする文献・史料を必ず事前に講読し、自身の意見を考えてくること。
自分の興味関心に応じて文献を探し、読むこと。積極的に教員に文献を紹介してもらうこと。
その他、授業内で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、報告と質疑応答内容(60%)
テキスト
Textbooks
授業内で指示する。
参考文献
Readings
授業内で指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP