シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 H17
(Seminars H17) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 後藤 雅知(GOTO MASATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 6301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC139 



授業の
目標
Course
Objectives
近世史料の読解能力を高めるとともに、自らの研究テーマについて実践的な研究をすすめる。 
Students will enhance their ability to comprehend early modern historical materials, and will engage in practical research on their own research themes. 
授業の
内容
Course
Contents
2年次で培った史料読解能力をさらに鍛えるべく、史料の講読を継続する。また各自の研究テーマに関わる文献の精読によって論点を絞り込み、卒論に利用する資料を探していく。こうした文献や史料の内容を整理し、仮設を組み立てて報告し、各自の研究テーマを深めていくこととしたい。基本的には
Ⅰ 近世の史料を輪読して内容を検討する
Ⅱ 先行研究や重要な文献を検討する
Ⅲ 各自や半単位で史料分析や研究の現状を報告して討論する
この3つの内容を適宜組み合わせてすすめる。 
Students will continue to read historical materials in order to further train the ability to comprehend historical materials cultivated in the second year. Through careful reading of literature related to their research themes, students will narrow down their issues and search for materials of use in their graduation theses. Students should organize the content of such literature and historical materials, construct hypotheses, give reports, and deepen their research themes. Essentially, students will proceed by combining content from the following three activities:
I) Perform group reading of early modern historical materials and examine the content
II) Examine prior research and important literature
III) Report on and examine the current state of research and analysis of historical materials, for each half-credit
 
授業計画
Course
Schedule
1. 参加者の研究報告および討論(1) 
2. 参加者の研究報告および討論(2) 
3. 参加者の研究報告および討論(3) 
4. 史料の読解(1) 
5. 史料の読解(2) 
6. 史料の読解(3) 
7. 史料の読解(4) 
8. 史料の読解(5) 
9. 史料の読解(6) 
10. 史料の読解(7) 
11. 史料の読解(8) 
12. 史料の読解(9) 
13. 史料の読解(10) 
14. 史料の読解(11)
 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
史料や文献は必ず事前に読み込み、わからない語句を調べるなど十全な予習を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および参加態度(50%) 、報告内容(50%)
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
資料館や博物館、文書館などを見学したり、フィールド調査や巡検などを行う場合がある。またゼミ合宿を行う場合もある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP