シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 H18
(Seminars H18) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 後藤 雅知(GOTO MASATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 6301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC140 



授業の
目標
Course
Objectives
日本近世史に関する各自の研究テーマを深め,予備論文や卒業論文に向けての研究をすすめることで,卒業論文の執筆に取り組む段階に至ることを目的とする。 
Students will aim to reach the stage of writing their graduation theses by deepening their own research themes concerning early modern Japanese history and by engaging in research for their preliminary theses and graduation theses. 
授業の
内容
Course
Contents
演習H15の内容を継続し,各自の研究テーマについて,先行研究の整理や読解した史料の内容をもとに仮説的な見通しをたてて,適宜レジュメにまとめて報告する。最後にそれらをまとめて,卒論への一階梯とする。具体的には,
Ⅰ 各自の研究に関わる近世史料を取り上げて,その内容を検討する
Ⅱ 各自の研究に関わる先行研究や重要な文献を検討する
Ⅲ 各自が研究の現状を報告して討論する
この3つの内容を適宜組み合わせてすすめる。なおそれぞれの研究の進展具合にあわせて,ⅠⅡⅢそれぞれの割合については,臨機応変に対応する。
またあわせてグループごとに史料解釈をふまえた研究報告を行うことも予定している。 
Continuing the content from Seminars H15, students will establish hypothetical perspectives based on the organization of prior research and on the content of historical materials they have comprehended, and will create outlines and report on these as appropriate. Finally, students will assemble these as a step toward their graduation theses. Specifically, students will proceed by combining content from the following three activities:
I) Take up early modern historical materials related to students' research, and examine the content
II) Examine prior research and important literature related to students' research
III) Report on and examine the current state of research
The relative proportions of I, II, and III will be adjusted flexibly according to the progress of students' research.
The course also plans to have students give research reports based on each group's interpretation of historical materials. 
授業計画
Course
Schedule
1. 参加者による報告・討論(1) 
2. 参加者による報告・討論(2) 
3. 参加者による報告・討論(3) 
4. 参加者による報告・討論(4) 
5. 参加者による報告・討論(5) 
6. 参加者による報告・討論(6) 
7. 参加者による報告・討論(7) 
8. 参加者による報告・討論(8) 
9. 参加者による報告・討論(9) 
10. 参加者による報告・討論(10) 
11. 参加者による報告・討論(11) 
12. 参加者による報告・討論(12) 
13. 参加者による報告・討論(13) 
14. 参加者による報告・討論(14) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
報告の準備が必要。研究書もしくは史料をつねに新たに読み込んでおくことが求められる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・参加態度(50%) 、報告内容(50%)
テキスト
Textbooks
適宜、必要に応じて指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業時以外に、博物館や史跡見学などのフィールドワークを行う場合がある。またゼミ合宿などを行う場合もある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP