シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I2
(Seminars I2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 野中 健一(NONAKA KENICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) 9202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC148 



授業の
目標
Course
Objectives
「自然と人間の関係」、「文化環境学」への関心を高め,その研究の枠組みと方法を,地理学,生態人類学など危難となる学問分野の概説書,論文,実地の体験から学ぶ。 
The class will enhance students' interest in "the relationship between nature and humanity" and "cultural/environment studies." From outline documents, academic papers, and practical experience involving geography, ecological anthropology, and other fields, students will learn about frameworks and methods for researching these. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期演習I1の成果をふまえて,自然と人間との関わり合いの研究に関連する地理学,生態人類学等の論文を講読し,研究対象,方法,実証の仕方をまとめ,発表する。自らの調査によるデータを用いて分析を行い,考察に関して報告も行う。また,それらの成果のまとめも行う。
毎回の授業では,担当者の発表と参加者による議論を行う。内容の紹介,それに基づく問題提起,討論を行い,研究方法の理解を深める。参加者による発表担当および議論進行の分担を行う。 
Based on the results of the Spring Semester Seminars I1, students will read academic papers on geography, ecological anthropology, etc. related to the study of the relationship between nature and human beings, and will summarize and give presentations on research subjects, methods, and means of demonstration. Students will perform analysis using data from their own surveys, and will also report on their studies. Students will also summarize their findings.
In each class, leaders will give presentations and students will engage in discussion. The class will introduce content, pose related questions, and engage in debate to deepen understanding. Participants will share the roles of presentation leader and discussion facilitator. 
授業計画
Course
Schedule
1. 文化環境学の研究レビュー 
2. 課題発表1/各自の発表と議論 
3. 課題発表2/同上 
4. 課題発表3/同上 
5. 研究論文の読み方/学術誌と課題論文紹介 
6. 論文講読発表1/課題論文の発表と議論 
7. 論文講読発表2/同上 
8. 論文講読発表3/同上 
9. 論文講読発表4/選択論文の発表と議論 
10. 論文講読発表5/同上 
11. 論文講読発表6/同上 
12. フィールドワークテーマ発表1/各自の発表と議論同上 
13. フィールドワークテーマ発表2/同上 
14. まとめと今後の課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
関係する研究論文と学術雑誌に目を通し、専門書を積極的に読み、専門研究分野の理解力と応用力を蓄積する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、発表内容(30%) 、授業参加態度(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業中に適宜提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP