シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I7
(Seminars I7) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較文化論(1) 
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) X105(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC153 



授業の
目標
Course
Objectives
文化人類学は、さまざまな地域に暮らす人間の思考様式や実践の比較検討を通して、「人類とは何か」という問いに答えることを目指す学問である。この演習では、文化人類学の基礎的な考え方と方法を、世界各地の身体をめぐる実践や宗教的観念、家族・親族、ジェンダーとセクシュアリティなどさまざまな事例を通して学ぶ。同時に、これまで自明視してきた価値規範について客観的・批判的に分析する力を養う。さらに、受講生の興味関心とこれらのトピックを関連付けて思考する力を育成する。場合によっては、小規模のグループ・フィールドワークを行うこともある。初回は対面授業とし、以後は履修者との相談により決定する。 
The ultimate goal of cultural anthropology is to answer the question, "what is human beings?" through a comparative study of modes of thoughts and practices in various regions. In this class, we will learn the basic ideas and methods of cultural anthropology through case studies on practices related to human bodies and religious thought, family and kinship, gender and sexuality around the world. At the same time, we will cultivate our ability to analyze the value norms that they have taken for granted objectively and critically. Depending on the situation, we are going to conduct group fieldwork.  
授業の
内容
Course
Contents
文化・社会人類学に関する文献の輪読および学生の研究発表を中心とする。輪読では、発表者とコメンテータを毎回決め、受講生全員で議論を行う。学生の発表は、学生の関心に基づいてテーマを決め、グループ発表や個人発表を行う。 
This class focuses on reading the literature on cultural and social anthropology. Also, student make research presentations based on their interests. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 演習(1) 
3. 演習(2) 
4. 演習(3) 
5. 演習(4) 
6. 演習(5) 
7. 演習(6) 
8. 演習(7) 
9. 演習(8) 
10. 演習(9) 
11. 演習(10) 
12. 演習(11) 
13. 演習(12) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定のテキストを事前に精読しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の議論貢献度とコメント(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP