シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I8
(Seminars I8) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
比較文化論(2) 
担当者 (Instructor) 橋本 栄莉(HASHIMOTO ERI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) A101(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS2610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC154 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、文化人類学の基本となるフィールドワークの手法や文献講読、比較文化間研究について具体的なトピックとともに学ぶ。トピックについては、履修者の興味関心に応じて相談の上決定する。履修者は自身の研究課題について自主的に研究を進め、進捗状況を発表し意見交換をすることが求められる。初回は対面で実施し、以後は履修者との相談により決定する。
 
In this class, we will learn methodology on anthropological fieldwork, reading ethnography, and comparative study among several societies through several topics. Topics are selected according to student's interests. Students explore one's research topic and make presentations about progress.  
授業の
内容
Course
Contents
文献の輪読および学生の研究発表を中心とする。輪読では、発表者とコメンテータを毎回決め、受講生全員で議論を行う。学生の研究発表では、各自がテーマを決め、グループ発表あるいは個人発表を行う。場合によっては、小規模のフィールドワークを行うこともある。 
This class focuses on reading the literature on cultural anthropology. Also, students make research presentations based on their interests. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 演習(1) 
3. 演習(2) 
4. 演習(3) 
5. 演習(4) 
6. 演習(5) 
7. 演習(6) 
8. 演習(7) 
9. 演習(8) 
10. 演習(9) 
11. 演習(10) 
12. 演習(11) 
13. 演習(12) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定のテキストを事前に精読しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の議論貢献度とコメント(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP