シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/演習 I14
(Seminars I14) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 野中 健一(NONAKA KENICHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) 9202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
HIS3610 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) AC158 



授業の
目標
Course
Objectives
「環境」「生態」「文化」の相互関係の解明について,研究対象,方法,実証の仕方を地理学,生態人類学などの基盤となる学問分野の概説書,論文,実地の体験から学ぶ。 
Regarding elucidation of the mutual relationships among "environment," "ecology," and "culture," students will learn about research subjects, methods, and means of demonstration through summary documents, academic papers, and practical experience involving geography, ecological anthropology, and other fields. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期I13に引き続き,各自の研究テーマについて議論を深める。フィールドワークの結果を用いて自らの関心とその分析方法の理解を深める。以下の項目に関して毎回の担当者の発表と参加者による討論を通じて,分析,考察,論文記述を中心に学ぶ。
1. 研究テーマに応じた議論の構築
2. 研究枠組みと方法論の吟味
3. 先行研究のレビュー
4. 問題の設定と限定
5. 予備調査とそれに基づく分析と課題 
Continuing from spring semester I13, the course will deepen discussions of research themes. Using the findings of their fieldwork, students will deepen their understanding of their interests and methods for their analysis. Students will learn with a focus on analysis, consideration, and academic paper writing through presentations by leaders and discussions by participants in each session concerning the following items.
1. Construction of discussions matched to research themes
2. Close examination of research frameworks and methodologies
3. Review of prior research
4. Setting and limiting of issues
5. Preliminary survey, and analyses and topics based on this 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究課題の確認 
2. 研究課題の構築と研究レビュー1/各自の発表と議論 
3. 研究課題の構築と研究レビュー2/同上 
4. 研究課題の構築と研究レビュー3/同上 
5. 研究課題の構築と研究レビュー4/同上 
6. 予備調査データの収集と分析1/同上 
7. 予備調査データの収集と分析2/同上 
8. 予備調査データの収集と分析3/同上 
9. 予備調査データの収集と分析4/同上 
10. 分析結果の考察と課題提示1/同上 
11. 分析結果の考察と課題提示2/同上 
12. 分析結果の考察と課題提示3/同上 
13. 分析結果の考察と課題提示4/同上 
14. 今後の課題と論文のまとめ方 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
自らのテーマに従い調査を行いデータを収集する。
できるだけ多くの専門論文に目を通し、分析方法や論文記述の方法を理解した上で、自分の研究に反映させる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、発表内容(30%) 、授業参加態度(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業中に適宜提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP